中2の娘は、見張っていれば勉強しますが、見張っていないと机に座っていても、プリントを広げただけで、漫然と時間が過ぎていくタイプです。

難しくて出来ない様子でもないのです。

集中出来ないのか、やる気がないのか?

本人は呑気で、悩んでいるのはお母さんだけです。(-_-#)

 


 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

最近やっとまともに更新する体勢ができてきたため、
しばらくはご退屈させずに済むと思います(笑)

 

>中2の娘は、見張っていれば勉強しますが、見張っていないと机に座っていても、プリントを広げただけで、漫然と時間が過ぎていくタイプです。

塾でも、先生が見ている間はやるけれども、目を離すとぼーっとしている生徒はいますね。

 

>難しくて出来ない様子でもないのです。

実は、難しくてできない場合と、そうでは無い場合で対応が分かれます。
ですから、この情報はとても重要です。ありがとうございます。

 

>集中出来ないのか、やる気がないのか?

やる気はあまり無いでしょうね(笑)
勉強に対して、親が望むほどやる気を持って臨む生徒はほとんどいません。

親の期待が大きいのか、子供のやる気が足りないのか・・・
そのあたりは横に置いておくとします。

 

それでは本題に入りましょう。

こういう生徒の場合、考えられる大きな原因はたった2つです。

 

見張っていないと勉強しない2つの理由

(1)根本的にやる気がない

(2)やる気はあるけど、手につかない

 

一見、似たようなものと思われるかもしれませんが、これが意外にも大きな大きな違いです。

ところで「プリントを広げただけで、漫然と時間が過ぎていく」のを見かけた際に、指導する側として重要になるのが、その時の「生徒の本音」です。「果たして、心の中では何を考えているのか?」ですね。

これが正確に読み取れれば指導はうまくいきますし、逆に、読み間違えると指導が空振りします。いわば教師の力量の分かれ目ですね。生徒・・・この場合だと、お子さんの本音は掴んでいますか?

本音と言っても「心を開いているかどうか」といった日常の親子関係の話ではなくて、純粋に勉強真っ最中の子供の心の中の心情や思考です。そこを無視して決まった時間や分量だけやらせるやり方だと、生徒が漠然と時間が過ごす状態になるのは必然に近いです。

(ただ上から「やれ」では、反抗期以降はだんだん言う事を聞かなくなってきますしね)

まずは見張っていない時の行動を確認してください。

他事をしているのか、ひたすらぼーっとしているのか。
何か別の考え事をしているのか、ただ無心なのか。

考えているとしたら、それは勉強のことか、全く関係ないこと(趣味、友達関係、携帯など)か、それとも「いかに今のつらい状況から逃れようか」なのか。

親御さんから見て、どうでしょう?

 

次に見張っている時の行動も確認してください。

親の目ばかり気にしてやっているか、本当に勉強に集中してやっているか。
とりあえずやっつけで言われた場所、量だけやっているか、自分でやるべき内容を決めて主体的にやっているか。
やった内容はきちんと頭に入っているのか、あまり入っていないのか。

そしてここからは、具体的な指導の話も関係してきます。

例えば、時間で縛る指導と、量(ページ数など)で縛る指導とでは、アプローチが変わります。もちろん違う観点で縛る指導や、あえて縛らない指導でもまた変わります。

内容もそうです。とりあえず宿題をやらせているのか、それとも課題を与えてやらせているのか。どういった内容(復習、予習、難易度)のものを、どういった経緯(自発的に、親から、何らかの合意のもとに、など)でやらせているのか。

「見張る」と言っても、どういった見張り方をしているのか?
ずっとそばについているのか、口をはさむのか、たまに見に来るだけなのか。

 

面談ならば、このあたりまで聞きますね(笑)

要するに、「生徒の現在の学力や性格、現在の学習環境や勉強法が分からないと、適切な指導法は出てこない」のです。

ただ、ここまでいくと「普通の親がそこまで考えてできるか!」となるのが普通です。

 

見張ってもらうのが前提の勉強法になっていませんか?

さて、肝心の勉強法ですが・・・今しているのは、宿題やテスト範囲のワークなどを、勉強机に張りつかせ、範囲を全てやらせる流れでしょうか?

学習においては演習量を重視されているようですね。時間はとにかく終わるまで、というところでしょうか。その一方で、「できればテスト前だけではなく、普段からコツコツと取り組んでほしい」と思われているご様子です。

しかし、このやり方ですと、いつまでたっても自分からコツコツやるようにはならないですね。

むしろ、お母様が望んでいない彼女の習性と勉強法を強化し、助長する指導になっています。

 

それではどうするべきか。

これを書きだすと長くなるのですが、幸いなことに学校の先生とは良い関係が築けているようですね。そしてさらに、最近塾に入られたとのこと。ですから、まずはそちらの先生方に相談されるのが一番良いと思います(笑)

実際に娘さんを見たことがないため推測になりますが、おそらく今の娘さんに必要な指導は「演習する前に理解していないところをきちんと教えてもらい、よりスムーズに演習に取り組めるようにする指導」「計画性を持たせる指導では無く、まずは計画の立て方そのものの指導」でしょう。

 

ご家庭では演習量に重点をおいていると思います。確かに演習量は極めて重要ですが、きっちり理解していない状態で演習量を増やすと、演習量をこなすのに時間や労力がかかりすぎて、やる気や気力が尽きてしまいがちです。(それに、間違った内容で定着してしまう危険性もあります)

説明はされすぎると害も大きいですが、不足していても生徒の伸びを妨げます。もともと説明無しでできるようになるならば、教師や学校は必要無いですからね(笑)

得点力が300点前後であれば、特に基礎の部分で理解漏れが予想されます。いきなり演習に入る前にきちんと指導を受けた上で演習に入れば、理解が深まるだけでなくスピードも速くなって一石二鳥になるでしょう。

それと、生徒が計画的に勉強できないのは、計画的にやるのが苦手、または、嫌いなのもありますが、そもそもやり方が分からないというのが大きいです。こちらは、計画的で無い勉強で何とかなってしまうのを実体験すればするほど、計画性からは遠ざかっていきます(笑)

そのため、まずは計画的にすることのメリットを伝えた上で、それを実体験させる必要があります。

(幸いなことに、勉強は計画的であるほど成果が出やすいため、その点はきちんと指導さえされれば大丈夫です)

 

最後に、お母様だけで簡単にできるコツを書いておきます。

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員