「13歳のハローワーク」が有名ですが、今ではそれよりも分かりやすい本がたくさん出ています。

また、インターネット上にもたくさんの情報があり、単純に仕事のことを話題にするならこちらのほうがお奨めです。



ちなみに、やる気にさせる話や方法はいろいろありますが、最も分かりやすいものの1つが「将来の夢」です。

「勉強を頑張らせたい」「良い高校に入らせたい」などと願う親御さんも多いですが、勉強や高校はあくまでも「手段」「通過点」ですから、その先を示さないことには、子供たちも頑張る気持ちが湧いて来ません。

また、「何のために勉強するのか分からない」と言う生徒は多いですが、それに真正面から答えられる大人は少ないですよね。

しかし、将来の夢ができてしまえば、細かい理屈は関係なくなり、単純に「夢を叶えるため」と考えて、後は頑張るだけになります。

 

ただ、社会に出たことも無い子供に向かって、いきなり「将来の夢を持て」と言っても、それは無理難題と言うものです。



それを、テストの問題のように「将来なりたい職業は何か、1つ答えよ」などとやってしまってはまずいわけです(笑)

「幸せ」とは、いくつもの要素の組み合わせが、お互いの相互作用の中で正解を変化させながら、時に予測不能な事態を交えつつ出来上がるものであり、学校の勉強のような「答えが1つにしか決まらない」ものとは本質的に異なるのですね。

だからこそ、社会に出ることも無く小中高大から教師へとエスカレーターで進んでしまったような先生では、幸せな人生を掴み取るような「生きる力」を育てることは難しいわけです。

(普通の人のようにただ学校の勉強を学ぶのでは無く、学校の勉強を通してその先にあるものを学ぶことで、本質的な幅広い力を得るような人もいますから、もちろん例外はありますよ)

 

本来「教育」は、将来の話を抜きに成立するようなものではありません。

しかし、今は塾だけで無く学校でも「進学先」「内申や得点」に偏った指導がされており、さらに上記の事情もあって先生任せにするのは危険だと言えます。

モチベーションアップのためにも、目の前の成績だけで無い本当の知性を身につけるためにも、時にはご家庭でも将来の仕事や人生の話をするなどして、積極的にお子さんをサポートしていってくださいね。

 

省略部分は「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員