しばらく前に、SAPIOで掲載されていた記事ですね。

要するに、今の学生の人生をすごろくに例えると、最初に就くのが正社員か非正規社員かで、生涯収入が1億6千万円も変わるという、なかなか刺激的な話です。

こうした試算の細かい部分はやり方次第で変わりますから、1億6千万円と言う数字にはあまり意味が無いでしょう。

 

ここでのミソは、十分に暮らしていける金額を非正規でもらえて、正社員はそこから1億6千万多いからラッキー・・・というわけでは無い点です。

実際には、非正規のほうは普通に生きていくのにも苦労するような金額になっています。

いくら「お金で幸せは変えない」と言っても、生活に苦しむような収入しか得られないことが、社会人になった瞬間から約束されてしまっては、とてもやる気になれないでしょう。

「だから、学生の内にしっかり勉強して、良い仕事に就くようにしましょう」という話になりそうですが、そういった学校や塾でありきたりな展開はあまり好きでは無いため(笑)、もう少し踏み込んでみましょう。

 

実は、正規と非正規とで、入社時の待遇はあまり変わりません。

むしろ、非正規のほうが責任が少ない場合もありますから、20代の間はどちらが得か損かをあまり実感すること無く過ごすことができてしまいます。

ところが、その後の賃金上昇分で30代以降に100万、200万の差がつきます。

さらに、ボーナスや諸手当、退職金、退職後の年金もありますし、50代からは非正規の採用が無くなりますし、リストラにも最優先で仕事自体が無くなります。

上記の試算は「50代以降が無収入の生活保護」というかなり厳しい見立てでしてありましたが、それが必ずしも大げさでは無い時代になっていきそうな雰囲気です。

そういう意味で、目先の「楽」に気を取られて、将来の「苦」を背負い込むことが無いように、しっかりと生徒を導くことも大切だと言えるでしょう。

 

ところが、これでは話は終わりません。

ここまでは正規と非正規による分かれ目ですが、今後はさらに・・・

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員