白物家電やテレビなどのコモディティ化が進み、名だたる大手企業が転落しています。

コモディティ化は汎用品化とも言い、大雑把に言うと、商品が個性を失って、どこで買っても違いが無くなる状態ですね。

 

例えばテレビで言うと、昔ならばどこのテレビにするかで大きく性能が異なり、それこそカラーと白黒のような決定的な違いもありました。

しかし、今はどこのテレビも基本的な性能を備えており、消費電力、デザイン、細かい機能の違いくらいで、どこのものを買っても大差ない状態になりました。

そのため、日本製品を買っても、新興国の製品を買っても消費者には大して違いが無く、より安い製品が売れる状態になっていますね。

 

パソコンでも同じようなことが起こり、数年前と比べて劇的に安くなりました。

今をときめくiPhoneにしても、最初は革新的なコンセプトと、他には無い斬新な商品で話題になりましたが、今では様々なスマートフォンが登場し、徐々にコモディティ化の道を辿りつつあります。

経済がグローバル化する中で、新興国の技術がどんどん向上し、あらゆる商品、サービスがコモディティ化していく流れとなるでしょう。

そして、それは「人材」についても同じ事が言えます。

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

以上は生徒にも知っておいてほしい話で、ここからは親御さんや指導者の方向けの話となります。

 

実は、塾業界でもコモディティ化の波が押し寄せてきています。

個別指導塾のフランチャイズ化はその1つですよね。

今や、何の経験の無い人でも、それなりの金額さえ出せば塾が開けてしまいますし、営業とオペレーションさえうまくいけば、さらに教室を広げていくことも可能です。

ただ、普通のコモディティ化と異なるのが、どこも「料金が高いまま」であることです(笑)

 

しかし、ようやくと言って良いのですが・・・

(同じく、正会員の専用書庫でどうぞ)

 

ただ、とにかく動きの遅い業界ですから、他の業界と比べればまだまだ時間はかかると思います。

今は「確かに無料や低価格だけど、それでも我慢がならないくらい内容が悪い」ものや、「大した内容でも無いのに、法外な値段がついている」ものもたくさんあります。

一方で、「低価格なのに素晴らしいもの」や「確かに高いが、それに見合って良いもの」も含まれてしまうのが、玉石混交の情報社会ならではの難しさであり、見る目が問われるところですね。

 

そういう意味では、今後益々「ものを見る目」が問われるようになっていくでしょう。

親御さん自身だけで無く、、生徒一人ひとりにこうした力をつけることを、日常生活の中から意識していってくださいね。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員