今は大卒でそのままニートになってしまうような子供もそれほど珍しくは無くなりました。

各種調査において実数が把握しきれているとは言えないため正確な割合等は分かりませんが、ニートで80万世帯、ひきこもりで30万世帯といった数値が一般的ですから、それなりの数だと言えます。

そして、慢性的な不況とそれに伴う最近の就職難に加え、今後は定年退職者の再雇用や収入確保のための若年層の雇用機会の圧迫も起こりますから、この数値が悪くなることはあっても、良くなることは無さそうです。

 

そうなると「ニートの子供を持った場合、親の負担がどの程度になるのか」という疑問が湧いてきます。

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員