お世話になっております。
中学一年女子、一人っ子の母親です。

昨日、二学期中間テストの順位が知らされました。
一学期の期末テストより後退しております。
理科、国語は、得意で好きな教科です。
問題は、英語なのです。60点です。
苦手意識が更に強くなりました。
全体的に見ると、国語だけ後は、急激に下がっています。

ここが、正念場!と担任の先生のコメントが…。
本人は、よくわかっていると思います。
塾には、まだ頼りたくはなく。
親子でモチベーションが下がり気味。
もう、英語以外の教科で頑張ると言う始末。

英語嫌いが好きになる…
何か、よい方法がありましたら、アドバイス願います。
教科により、先生が好き嫌いのような観念があり、困っています。

 


 

 

ブログのコメント欄にお寄せいただいたものです。

そもそもブログのコメント欄ではご相談をお受けしていないため、本来ならスルーすべきなのですが、発行方針変更直前と言う事で、あえて対応させていただきました(笑)

(※今はコメント欄自体を閉鎖してあります)

 

中1の2学期ですから、スタートで英語がつまずいた生徒は、どんどん下がっていくのがある意味で自然な姿です。

そこで踏みとどまれればまだ良いのですが、20-30点くらいまで下がってしまう生徒も大勢いますから、確かに「正念場」というのも間違いではありません。

ただ、正念場とだけ言って、不安を煽るだけで何の具体的な指導も無いという先生の対応は、完全に間違いだと思います(苦笑)

 

英語嫌いを好きにさせるのに一番良い方法は、英語を楽しく教えるのが上手な先生に習うことですね。

英語は言語ですから、たとえテストができなくとも「話せて楽しい」「聞けて楽しい」などのような別の道がたくさんあります。

そういう意味で、他の教科よりも「点数は悪いけど好き」という生徒が多い教科なのですね。

ですから、先生の教え方さえ良く、英語そのものの持つ楽しさなどが伝われば、好きになる可能性は無くは無いです。

 

ただ、今回の場合は、根本的な問題として「英語が嫌い」と言うよりも「できない教科が嫌い」と言うのが正しい気がします。

(もちろん生徒を見たわけでも無いため推測です。前にも書いたように、こういう勝手な推測で思考を広げては、決めつけながら話さざるを得ないのはお許しください)

 

できない教科が嫌いになるのは当然のことで、それを取り戻す本来の方法は「できるようにしてあげる」ことです。

英語は積み重ねの教科ですから、何も手を打たなければ、ここまでが低下傾向ならこれからも低下傾向になります。

個人的には、他の教科が好きで好きでしかたなく、「英語が無くても生きていけるくらいその教科ができる」状態になるならそれもそれで良いと思いますが(笑)、単に嫌なことから逃げているだけなら考えものですよね。

そうであれば「積み残しを取り戻す」勉強をするしか無いでしょう。

 

ただ、良い面もあります。

これが中2ともなれば、積み残しはかなり多く、取り戻すのにそれこそ1年はかかります。

しかし、今が中1の2学期ですから、積み残しはまだ半分くらいですよね。

苦手意識が根付いてしまっているのはかなり痛いですが、知識面だけで言えば、傷はまだ浅いほうだと言って良いでしょう。

 

そして、これから助動詞や時制などの重要事項がどんどん出てきますから、そこで大ダメージを受ける前に手を打っておくのは悪いことではありません。

時間が経過すればするほど、積み残しが増えていく可能性が高いですから、モチベーションを振り絞って頑張ってくださいね。

それが無理なら、英語だけ塾に預けるのも1つの手だと思います。

(ただし、積み残しを取り戻す指導力のある塾が必須で、そういう塾は少ないですから、選ぶ際は慎重になさってくださいね)

 

なお、英語嫌いの生徒に、英語の音楽や映画やドラマを与えても、拒絶反応を示す可能性が高く、あまり有効とは言えません。

英語の場合、そう言った横から攻めるような裏技めいた方法は少なく、特に習い始めの中1の段階では一定の指導が欠かせないからこそ、楽しく教えられる先生に学ぶのが一番良いのですね。

ただ、楽しく教えられる先生は、中1の最初から担当した生徒の成績は良くなりますが、1度脱落した生徒に途中から教えた場合、英語に対して好意的にはさせられても、苦手を克服することができない場合が多いです。

「英語を好きになる」「苦手を克服する」のどちらを優先するのかにもよって対応は変わってきますから、違いを理解された上で判断なさってくださいね。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員