言ってはいけない言葉ばかり投げかけていたようで、ついにこの前私にむかって来て手を出す事態に・・・

やまさんから、メールセミナー 「反抗期の対応法」 のご感想をお寄せいただきました。

大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

反抗期の対応法セミナーのご感想

はじめまして、先日よりメールセミナー『中学生の子を持つ親の心得 ~反抗期の対応法~』を受講させて頂いてるやまさんと申します。
メルマガも届き入会の際のコメントにまでそれぞれお返事されていて、きめ細やかさに驚きました。

(届かなかった回のご請求のくだりは省略します)

少しずつ過去の記事にも目を通させて頂き、
『本当に息子に失望しております』というriaさんの記事に目がとまり、
同じように悩み少しずつでも前に進む事が出来るのだなと、
自分だけではないのだなと少し心が楽になりました。

今まで学校や部活を全く休んだ事もなかった子なのに、
中学2年になり急に「気持ち悪い」「頭が痛い」と学校を休みがちになり、
気にいらないと部屋にこもり、もちろん勉強も全くせず提出物も出さず。

それに対して私はしてはいけない事ばかりしてしまい、
言ってはいけない言葉ばかり投げかけていたようで、
ついにこの前私にむかって来て手を出す事態に・・・

でもこちらのブログにたどり着き1週間何も言わず見守り続け、
昨日自分から殴った事を謝ってきました。

まだまだ気持ちにむらがありトゲトゲしていますが、根は動物好きの心優しい子。
何も言わずに見守るのは大変ですが彼を信じて辛抱強く、
そして微妙な距離になりがちですが、
普段と変わらないように接する事が出来ればと思っています。

まだ続くであろう彼の反抗期と自立への道を前に、
楠木塾に出会えて良かったです。

これからも忘れてしまいそうになったら、
こちらの記事やセミナーを読み返して
その時に一番最善の対応を出来ればと思っています。

では、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

塾長からのお礼とメッセージ

ご入会時のコメントもお読みいただいたのですね。

最後の最後ですから、あまり読まれていないだろうと思っておりました。誠にありがとうございます。

 

急な欠席には様々な原因があり、一概にこうすれば良いとは言いがたいのですが、学校での折り合いが悪くとも家族との折り合いは保てるはずですから、まずは親御さんが味方になってあげられることはとても大切だと思います。

ここで対応を間違えると、不登校やひきこもりに進行することもありますし、お書きのように家庭内暴力に進むこともあります。

しかし、お子さんのほうから謝ってくるようですから、まだ程度は浅いようで良かったです。

 

反抗期特有の熱病のような精神状態もありますから、根が優しい子でも、自分で思わぬ行動に出てしまうことはあります。

しかし、今のお母様のお言葉には、そこを分かってあげて、包んであげるような優しさが感じられます。

かわいかったわが子に手を上げられるのは大変なショックのはずですし、憎むような気持ちになったとしてもおかしくはありません。

それでもこうして辛抱強く、優しい気持ちを思い出して接することができているのは、とても大変なことではありますが、本当に素晴らしいことだと思います。

 

そして、「1週間何も言わず見守り続け、昨日自分から殴った事を謝ってきました」ということで、良い結果をうまく導き出すことができましたね。

ただし、ここは誤解しやすいところで、何も言わずに見守るというのは、相手が謝ってくるまで口をきいてやらないというような態度を取ることではありません。

メールセミナーを読んでいれば誤解はしないはずですが、この感想だけを読んでいると勘違いしてしまう可能性はあるはずです。

そこを間違えると、むしろ状況を悪化させる対応になってしまいますから、お読みの読者の方は、どうか誤解されないでくださいませ。

 

まだまだ反抗期は続きますが、今の調子で対応さえ間違えなければ、徐々に落ち着いていくはずです。

そして、メールセミナーもまだ続きますから、ご参考にしていただけましたら誠に幸いです。

 

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 


 

今回、ご感想をお寄せいただいたメールセミナーはこちらです。

「反抗期の対応法 ~中学生の子を持つ親の心得~」

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員