家でだらだらしている子供に「いつになったらやる気になるの!?」と思うことはありますよね。

また、子供のほうも「やる気になったらやろうと思ってるんだけど・・・」と心の中で思っていたりするものです。

そこで「さっさとやりなさい!」と言えば、お決まりの「やろうと思ってたのに、言われたからやる気がなくなった!」のパターンの出来上がりです(笑)

 

それでは、やる気になるのを待っていれば子供がやるかと言えば、ほとんどの場合そうでは無いことを、実体験としてもご存知のことでしょう。

しばらくだらだらすることでエネルギーをチャージして、それが済むと突然やる気になる生徒も確かにいますが、やはり少数派です。

ただやる気が出るのを待っているだけでは、やる気は永遠に出てこないのですね。

(子供を見守ることも大事ですが、「ただ見ているだけ」を見守るとは言いません)

 

「それではどうするの?」と言う話ですが・・・もちろん、どんな子供でもすぐにやる気にさせる魔法はありません(笑)

ただ、やる気と言っても「絶対に**高校に合格する!」というような壮大なものから、「よし、今日は勉強を頑張るぞ!」という目の前のものまでいろいろあります。

もちろん、後者のほうはわりと実現しやすいですから、今回はその「すぐ目の前のやる気」が出て来やすくなる方法について話をしてみましょう。

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員