教育に関連するニュースをお届けしています。
今日お届けするのは、タイムラプス勉強法に関する記事です。

 

女子高生に流行中の「タイムラプス勉強法」はなぜ効果的?

勉強中の誘惑を絶ち、集中して勉強する方法は高校生たちにとって大切なことだ。高校生において流行中のスマホを活用した勉強法をご紹介したい。

 

元記事の「女子高生に流行中」というのは、客寄せの定番句ですが(笑)、こういった種類のやり方が広まっているのは事実ですよね。

スマートフォンと言うと、勉強を妨げることのほうが圧倒的に多いものですが、使い方によってはプラスにもなるという典型例の1つです。

 

「タイムラプス」とは、低速度撮影や微速度撮影と呼ばれる撮影技法のことで、パラパラ漫画のように数秒で1コマずつ撮影したものです。

例えば、普段はあまり動かない空の雲や星の動きを、数分から数時間おきに撮影して、どんどん移り変わっていくよう見える動画・・・と言えば、ピンと来るのではないでしょうか。

今では、作画や料理動画などでも使われていて、スマートフォンを使って誰でも簡単に撮影することができます。

 

この機能を使って、ノートなどの勉強中の手元を撮影し続けるというのが、「タイムラプス勉強法」ですね。

時間の経過と共に、ノートや問題集がどんどん埋まっていく様子が撮影できて、後で見返しても楽しいですし、撮影されていると感じること自体がモチベーションにつながるというものです。

また、タイムラプスで撮影せずとも、ビデオ会議アプリなどを使って、勉強中の様子をリアルタイムで友人と共有することで、「一緒に勉強している感」を感じながら勉強する生徒も増えています。

もちろん、塾や先生と共有することで、「見られている感」を得たり、遠隔自習室のような使い方をしているケースもありますね。

 

1人で勉強するのはなかなか大変ですが、誰かに見られていると思うと頑張れるところはありますよね。

しかも、それが「親や先生から見張られている」となると後ろ向きですが、「自分の意思で、仲の良い友人、勉強仲間、ライバルなどと、お互いに見られている状態にする」のであれば、とても前向きです。

何より、つい途中で触ってしまいがちなスマートフォンでも、こうやって撮影に使うと、その間は触ることができないという、二重の意味で便利なところもあります。(むしろ、こちらのほうがメインかもしれませんね)

スマートフォンを安易に買い与えたり、好き放題に使わせたりには反対ですが、どうせ与えたのなら、こういう使い方も試してみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ