教育に関連するニュースをお届けしています。
今日お届けするのは、小1プロブレムに関する記事です。

 

幼稚園にもカウンセラー 「小1プロブレム」解消へ―文科省:時事ドットコム

文部科学省は、小中学校の「スクールカウンセラー」など子どもを心理面からサポートする相談員を幼稚園にも積極的に配置していく方針を固めた。主に養育の悩みを抱える保護者からの相談を受け付け、子どもが小学校に進学してから問題行動を起こす「小1プロブレム」の解消につなげたい考えだ。

 

ついに幼稚園にもスクールカウンセラーが配置される時代ですね。

とは言え、子供からの相談ではなく、保護者からの相談を主としたもののようですから、小中学校のそれとはまた役割が違ってきそうです。

ただ、幼稚園くらいの時期だと、心理よりも医学や発達の面での専門家のほうが望まれそうな気がしなくもないですが・・・どうなのでしょうか。

 

それにしても、次々と付け足すばかりで、根本的なところを直そうとしないあたりに、教育行政の末期症状の香りがしなくもありません。

そもそも、スクールカウンセラーで「小1プロブレムの解消につなげたい」とするところが、完全に的外れと言いますか、ピンぼけした話になっていますよね。

幼稚園から学校への接続にあたっての、環境やシステムへの不適応が要因なわけで、本当の問題は子供たちの側ではなく、学校や教育方針やシステムの側にあります。

ましてや保護者の側に問題があるわけでもないのに、保護者向けのスクールカウンセラーを設置しようというのは、問題が起こらないようにするのではなく、問題が起こる前提で、起こった後の対処をどうにかしようという発想ですからね。

こういったあたりに、学校教育が良くならない原因があらわれているのかもしれませんね。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員