教育に関連するニュースをお届けしています。
今日お届けするのは、虚数に関する記事です。

 

勉強をしていると「これが社会に出て役に立つのか?」と思う(言われる)ことも多いですよね。

特に、小学算数から中学数学に、さらに高校数学へと進んでいくと、内容がどんどん難しくなり、そんな疑問は大きくなるばかりです。

中でも「実際に存在しない数」として学習する「虚数」は、一体何の役に立つのか分からないという人も多いでしょう。

 

そんな虚数が、実際にゲーム開発現場で使われていたというのが今回の記事ですね。

ゲーム会社として有名なセガが、3DCGの技術的基となる知識を学び直すための社内向け勉強会で、実際に使用している数学資料を公開しました。

そちらを見ると、キャラクターや背景を3次元で回転させたり、ゲームエンジンそのものを作ったりする際に、虚数が使われていることが分かります。

 

自分が楽しんでいるゲームに使われていると知ると、虚数も途端に馴染み深くなって、勉強する意欲が湧いてくる・・・とは限りませんが(笑)、興味は惹かれるのではないでしょうか。

少なくとも、今や当たり前になった3Dのゲームを楽しめるのは、ちゃんと勉強している人がいてくれるからという事実を知れば、「勉強は無駄だ」という言葉は出てこないでしょう。

数学にせよ他の教科にせよ、実際の生活や社会に出てから役立つ内容はたくさんありますから、勉強に対して疑問を感じがちな子供たちには、ぜひそういったものを1つでも多く提示してあげてくださいね。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員