教育に関連するニュースをお届けしています。
今日お届けするのは、英検に関する記事です。

 

利用者がとても多い検定だけに、非常に残念な決定ですね。

救いなのは、大学入試での民間試験活用案が、完全に消えてしまったことでしょうか。

検定料が上がる中、嫌でも全員が利用しなければならない・・・という最悪の状態は避けられましたからね。

 

ただ、大学受験だけでなく高校受験でも、民間試験はかなり活用されていますし、今後もその傾向は続きそうです。

利用者(厳密には、少子化で総数は減るため、利用率ですね)が増える中で、値上げというのは、教育費の確保という点で頭の痛い問題です。

運営する側もコロナで大変な時だけに難しいとは思いますが、公的な性格の強いものですから、もう少し何とかなると嬉しいですね。

 

しかし、値上げはしかたないとしても、この大幅な値上げは何とかならないのでしょうか。

TOEICは1320円、英検は本会場で1300~2300円、準会場で300~1千円ということですが、1000円以上のアップはさすがに大きすぎます。

感染予防のコストが増えたとのことですが、便乗値上げでないことを願います・・・

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員