教育に関連するニュースをお届けしています。
今日お届けするのは、教え方に関する記事です。

 

 

会社などだと、まだ業務をよく知らない新人に対して、指示した内容を復唱させるというのは、定番中の定番ですよね。

勉強を教える場面でも、学校で習った内容を、自分が先生になったつもりで説明すると良いというのは、同じく定番中の定番の方法です。

これらと似ていて、医師が説明したことを、患者が自分の言葉で説明し返すというのが、今回の「ティーチバック」ですね。

 

ポイントとなるのは「全く同じように復唱させる」ではなく、「自分の言葉で説明する」というところだそうです。

これを、分からないところはもう1度別の言い方で説明するなどしながら、相手が腑に落ちるまですると、合併症のリスクが3-5割減少という画期的な結果が出たということですね。

医師が患者にするのと違い、親が子供相手にすると猛烈に嫌がられるのが難点ですが(笑)、使えそうな部分はうまく取り入れてみてくださいね。

 

 

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員