悩めるママ様から、お寄せいただいた教育相談のご紹介です。


 

初めてメールさせていただきます。
現在中1の女の子の母です。

受験はまだまだ焦る必要は無いと思っていましたが、漠然と多治見北高校か可児高校に進学したいと思っていました。
しかし現時点で内申が30くらいしかなく定期テスト、実力テストなどはだいたい350点くらいです。
これからがんばってテストの点数は伸ばせても内申は中1のはもう仕方ありません。
周りの人からは内申が大切といわれますが本当にテストの時3割も内申点は重視されるのでしょうか?
学校や先生によって内申点の付けかたも違うので、府に落ちないきがします。

また、現在中1から塾に通っていますが、目に見えてテストの点数は良くなりません。
塾に行っていることで安心してしまい、家での勉強がおろそかになっている気がします。
1年たっても点数が伸びないので、塾を変えるか辞めて自分で勉強した方が良いのではないかと悩んでいます。これからどのように勉強を進めたらよいでしょうか?
宜しくお願いします。

 


 

メールをいただいた時点で中1ですから、今は中2ですね。

実際、まだまだ焦ることは無いですが(笑)、通知表に関しては今のうちからある程度の対策をしておく必要があります。

特に志望校がある場合は、尚更ですね。

 

中3になった時に「よし、これから入試に向けて頑張るぞ!」と考える生徒は多いです。

ところが、岐阜県の場合、内申には「中1」「中2」「中3の2倍」の合計が判定に使われます。

これを見て「中3が最も大事なのだな」と受け取ることもできますが、反対に「中3になった時点ですでに半分が決まっている」とこともできますよね。

そのため、中2までの通知表が悪い生徒は、「気づいた時には手遅れ」「手遅れでは無いものの、同じ高校を目指す他の生徒とは、かなり差をつけられてしまっている」という事態に陥りやすいです。

スタート時点から、借金を背負わされているような状態なのですね。

(岐阜県以外にも中1や中2の評定が使われる都道府県は多いですから、そういう地域は注意してくださいね)

 

それでは、内申点に関する裏事情なども含めた本題に入っていきましょう。

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員