きょん様から、お寄せいただいた教育相談のご紹介です。


 

毎週、興味深く拝読しています。特に息子と同学年の方のお話は共感することが多く、うなづきながら読んでいます。
その中3の息子ですが、将来について「無気力」「無関心」なのが気に掛かります。

学校からの進路調査にも、「将来の夢や職業は?」-「無し」、「進路は?(高校・大学など)」-「普通科」といった調子です。
普段の生活も、塾のある日は塾から帰ったらゲームかパソコン。ない日は夕食まで自主学習をし、その後ゲームかパソコン。部活もただ参加している感じで、大会などは出たことがありませんでした。
数人の仲のよい友達はいますが、それほど社交的ではなく、塾では友達がおらずいやいや通っています。(成績が若干上がってるので辞めるとは言いません)

中3の子は、こんなものなのでしょうか?
主人とふたりで本人に、「将来自分はどうなりたいのか?そのためにはどういう進路が望ましいのか?その進路に進むにはどういう高校へ行けばいいのか?」と順を追って話してはみるのですが、いまひとつ響いていない感じです。
以前楠木塾長先生のお話にもあったように、大学を出たからといって将来が約束されている時代ではないです。
実際私達夫婦も、何度か転職の経験があります。なので、息子には説得力に欠けると映っているのかもしれません。
かといって、今の学力で無理なく入れる学校へ行って、漫然と過ごしていくのは寂しいと思います。
その辺の説明を上手く出来ないことがもどかしく、また「本当に無理やり大学に行かせる必要はあるのだろうか?」とジレンマに陥ってる自分にも腹が立ちます。

中3のこの時期にこんなことで悩んでいる場合ではないのですが、すっきりと心を整理して子供と向き合っていきたいのです。
つたない文章で上手く伝わらないかと思いますが、どんな切り口でもいいので、何かアドバイスをお願いします。
(私にでも息子にでもいいです)
おひとりでの運営大変なことだと思います。どうかお体にはお気をつけて下さいませ。

 


 

毎週お読みいただきまして、誠にありがとうございます。

おっしゃるように、同学年のお子さんの話は一段と参考になりますよね(笑)

 

さて、今回いただいた内容ですが、これはかなり重要な話ですね。

「中3の子は、こんなものなのでしょうか?」ですが、そんなことはありません。

困ったことに、今はこういった無気力な生徒が増えているため、全く特別なケースでは無いわけですが(笑)、決して正しい状態とは言えません。

 

実のところ、成績が良いか悪いかよりも、生きる気力があるかどうかのほうが重要です。

高校、大学、社会人のどの段階でとは言えませんが、生きる気力の無い子供のほうが、結果的に良くない人生に向かう確率は高いです。(実際に、海外では科学的な報告も出てきていますが、データで論じるまでもない当たり前の話ですから、ここでいちいちご紹介はしません)

もちろん、どこかの段階でそうした気力が生まれることもありますから、今の時点で全員が持っている必要は無いのですが、無気力であることがまずい状態であるという本質は変わりません。

 

ただし、この時期の男子生徒の場合は少し話が複雑です。

なぜなら、・・・(続きは省略)

 

※御返事はメールマガジン内でさせていただきました。

正会員の方はバックナンバーをこちらからどうぞ。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員