メロンくま様から、お寄せいただいたメッセージのご紹介です。
いつもお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

 


 

今、すごくつらい日々を過ごしています。
勉強させようとすると、ぐずぐすした挙句やっととりかかったと思ったら、
ものの数十分で机に突っ伏して寝ているのです。
その姿をみて過ごしてきました。
いつ、スイッチがはいるのか、入らないまま終わるのか、心がつらいです。
何度も何度も何度も。
子供の気持ちに寄り添えない。

 


 

こちらは高校生のお子さんをお持ちのお母様からですね。

高校生にもなって、勉強させようとしなければならない親御さんもつらいと思いますし、親に言われなければ勉強できないお子さんもつらいと思います。

一方で、嫌なものを無理やりやらせている状態だとすれば、小さい子供ならば親のために頑張ろうとしても、高校生にもなればそのとおりにしないのはしかたの無いことだとも言えます。

少なくとも、こうしたやり方を続けてもスイッチは永遠に入らないですから、もう少し違うアプローチをされてみることをお奨めしたいです。

 

お子さんが部活などで疲れきって眠るのか、普段の生活がだらしなくて眠るのか、勉強へのやる気が無くて眠るのか、生きるエネルギーを失っていて眠るのかという根本的な部分から分からないため、具体的なことは何とも言いづらいですが、まずは身近な先生に相談されてみてはいかがでしょうか?

あまりにうまくいかない状況では、親御さんの心も不安定になってしまうわけで、お子さんの気持ちに寄り添えないのもしかたないことです。(相手に寄り添うには、自分に心の余裕が必要です)

それよりも、まずは外部の力を借りてお子さんの状況を改善するほうが、お子さんも環境が変わってやる気になりやすいですし、結果的に親御さんが寄り添える状態も生まれやすいはずです。

もちろん、相手の先生の力量や、お子さんとの相性にもよりますから、塾選びや先生選びは必要になってきますが、少なくとも今の状況をそのまま続けるよりは、改善の可能性が高まるはずです。

 

なお、今回いただいたのは高校生の子を持つ親御さんでした。

しかし、これをお読みの方は、小中学生の子を持つ親御さんのほうが多いかと思います。

そういった方々向けに、中学生の今こそ打っておくべき手という視点で、留意しておきたいことを見ていきましょう。

(当時メールマガジンでお届けした内容です。バックナンバーは正会員のみとなります)

 

※御返事はメールマガジン内でさせていただきました。

正会員の方はバックナンバーをこちらからどうぞ。

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員