私の教材の選び方を紹介します。

社会:
学校のワークの解答欄に無く定期テストの解答欄に有る文言が
なるべく多く出されている問題集を選びました。

数学:数学ではなく算数の速度と精度が
不十分なので百算数と中学入試問題集を選びました。
数学の問題集は手持ちの物で十分と考えました。

国語:教科書もワークも読解・漢字・文法がごちゃまぜで
使いにくいし体系的に理解しにくいと思いました。
苦手の文法と漢字を克服するため評判の良い
文法参考書と教科書準拠の漢字問題集を選びました。
また読む速度が不十分なので読むだけトレーニングに
過去入試問題集を選びました。

英語:国語同様に苦手の文法を体系的に理解するため
文法参考書と教科書CDを選びました。

でも問題集選びより重要なのは運用(使い方)だと思うので、
実行内容を決めたり管理表を作成したりスキャナや
レーザープリンタやリングファイルもフル活用です。
子供にやる気があるので助かります。

 


 

 

先日の勉強法の話に合わせて、教材選びの体験談をお寄せいただきました。

お子さんの現状学力や目指すレベルなどが全く分からないため、私の方からこれらの勉強法についてコメントをすることはできませんが、せっかくいただいたものですからご紹介させていただきますね。

小学生用教材から入試過去問まで幅広く使っているところを見ると、かなり研究されておられるのだろうと思います。社会の問題集の選び方も、定期テスト対策の観点ではとても良いですね。

(そのぶん、お子さんに特化した内容になっており、一般的な生徒にはお奨めできない内容もありますから、読まれた方はあくまでも参考としてくださいね)

 

「子供にやる気があるので助かります」については本当にそのとおりなのですが、子供のやる気と自立心を高めてこられたかどうかも、これまでの親御さんの関わりの積み重ねが大きいですからね。

大人でも余計な口出しをされれば嫌がりますし、逆に本人がやる気や興味を持っていることであれば、むしろ喜んで聞くようなことも起こるのは、勉強に限った話ではありません。

そういう意味で、上手に関わられて来られたのだろうと想像しています。

 

おっしゃるとおり、重要なのは選択以上に運用のほうですから、そういった点でも配慮されているのは心強いですね。

後は、依存状態にすることだけ無いように、自立的に学ぶ力を育てながら徐々に手を離す方向を目指して、これからもサポートしていってくださいね。

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

最新記事 by 楠木塾長 (全て見る)

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員