お世話になっています。

中二の息子ですが、夏休みで多少?だらけているものの、今年は塾に通っているだけにマシな様子です。

9月に入るとすぐに前期期末テストがあるため、おおまかな学習計画を自分で立てさせてみました。

学校の課題はいつまでに終わらせるのか、期末テスト提出物はどの時点でとりかかっておけばいいのか・・・などの大枠です。
きっちりと日付を書いても、なかなかその通りには進まないですし、結局はやらなかったという昨年の苦い経験があるので、大枠のみです。

ちょうど、メールセミナーで「学習計画」の話があったので、なるほど・・・と思ったところです。息子は中一の頃は、「願望」計画を立てていたんですよね。私もそれに気付いてやれなかったですし・・・。

中二の反抗期若干入っている息子ですが、やはりまだまだ甘えん坊です。
先日、ダイニングテーブルで向かい合って、私は作業、息子は宿題という具合に2時間ほどいましたが、化学式などを、宿題をしながらクイズのように出してくるのです。
化学は好きでしたが、高校以来縁もない元素記号のクイズ・・・でも、不思議ですね。好きで勉強したものは、案外と記憶に残っていました。息子の舌打ちが出ました。すかさず「中学時代に一生懸命に覚えたから記憶に残っているんだ」と実体験披露です。

他に、ゲーム機や私のスマホアプリの英検トレーニングなどを競っています。
こうしたコミュニケーションも取りながら、学習習慣に結び付けられるといいなと思っています。

セミナーも後半ですよね。続きを楽しみにしています。

 


 

 

メールセミナー「勉強法入門」の中盤でお寄せいただいたご感想ですね。

実際にはもう最後まで終わってしまっているはずで、ご紹介までに時差が生じているのはお許しくださいませ。

 

やる気のある生徒や、学習計画力のある生徒の場合は、具体的な日付を書いたほうがうまくいきますが、そうで無い生徒はあまり細かく決めても絶対にそのとおりにはいきませんから、今回のように大枠のみで進めるのが有効です。

どのレベルまで要求すべきかは生徒の状況によりますが、学校の課題やテストの提出物をどの時点で取り掛かるべきかを書いておくのは、目安になってとても良いと思います。

これも同様に「願望」になっては同じですが(笑)、そこを「予定」にさせられるかどうかが、学習計画力をつけるための第一歩ですね。

 

実体験の披露もナイスタイミングでしたね(笑)

小さいことですが、意外とそういう時は心に入っていきますから、ボクシングで言うボディーブローのようにじわじわときいてきます。

(ボクシングで分かりにくい方は、毎日の寝る直前のつまみ食いが、お腹まわりの脂肪をじわじわと増やしていく様子を思い浮かべてください)

 

学習ゲームにしてもそうですが、それだけで終わらずに、たとえ小さくともコミュニケーションを挟んでいくことがとても大切です。

また、ゲームはそれだけだと無機質なものになってしまい、場合によっては別世界に没入してしまうことにもなりますしね。

 

お子さんとの微笑ましい情景を思い浮かびました。

反抗期で可愛げが無くなってくる年頃ですが、これからはどんどん大人になっていくばかりです。

子供らしさを残したお子さんと一緒に過ごせる残り少ない夏休みを、どうかつつがなくお過ごしくださいませ。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員