楠木塾メール会員へご登録をいただき、誠にありがとうございます。はじめましてのご挨拶を兼ねつつ、ご紹介をさせていただきますね。

(ご登録からご紹介までは時間差があります。ご容赦くださいませ)

 


香奈様

頑張るのが面倒くさいらしく、出来るだけ努力せずに恥ずかしすぎない程度の高校に行けたらいいと言っています。
でも今でギリギリ行けるか行けないか。といったところです。
提出物をなかなかきちんと提出出来ず、2の評価が沢山あります。テストの実力以上に内申は悪いと思います(全教科平均点取れないくらい成績は良くないのですが…)
私が提出物を管理しようとするとさすがに嫌がり、打つ手もありません。
学歴に関しては諦めた方がいいのか。
この性格では将来困るだろうと心配ですが、似たようなケースやアドバイスはないかとネットで調べてしまいます。


 

テストで点数がとれず、それ以上に通知表の評価も悪いということで、親御さんとしても頭の痛い思いでしょう。

内申でも2がたくさんつくようだと、高校も「選んで行く」と言うより、「行けるところに行く」という状況になりやすいですよね。

毎年のことではありますが、同じような状況下で、進路をどうすべきか悩んでいる親御さんは、きっと今年もたくさんおられると思います。

 

さて、読んでいて気になったのは、お子さんが行きたいと言う「ギリギリ行けるか行けないか」の高校が、親御さんにとってはどうなのか?です。

「そこに入れるなら親としても喜ばしい」と思っているのか、「そんなところには行かせたくない」と思っているのかで、その「ギリギリ」が目指すべきものなのかどうかが全く変わってきます。

「学歴に関しては諦めた方がいいのか」というのも、「その高校に入ること」を諦めたほうがいいという意味か、それとも「その高校に入る=親にとっての諦め」なのかによって、今後の対処法も大きく変わりますよね。

おそらく、高校に進んだ後の大学受験や進路の部分まであまりイメージができず、親御さんとしてもまだ漠然としている状況なのかもしれませんが・・・想像ばかりで書いてもしょうがないですから、このあたりでやめておきます(笑)

 

ただ、「どこでもいい」と開き直るのではなく、「恥ずかしすぎない程度」のところと口にしているのは、まだ現状脱出の余地が残るところですね。

「恥ずかしすぎない程度」というのは、かなり主観的なものですから、それによって目標の調整や誘導はかなり可能なはずです。

何より、もしも落ちたら「恥ずかしすぎる高校に入る」わけですから、その点をうまくモチベーションにつなげれば、ある程度の勉強なら頑張る状態に持っていけるでしょう。

 

○ 参考:通知表についてはこちらも。

通知表が上がらない理由

 

一方、提出物の管理については、親御さんがするのは難しい場合が多いですから、無理は禁物です。

ここで1つ注意が必要なのは、親御さんが「提出物の管理」をしようとする場合、本当に言葉どおり「管理」をしてはいけないことですね。

提出物を出せるようにサポートしてやることを「提出物の管理」と呼ぶわけですが、実際にしてやるべきは「支援や手伝い」といったニュアンスです。

逆に、上から目線の「監督、チェック」といったものをしようとすれば、やる前から失敗するのが分かりきっていますから、そこは絶対に間違えないようにされてくださいね。

 

いずれにしても、決して絶望的とまでは言えませんし、「学歴に関しては諦めた方がいい」というのも全く当てはまらないと思います。

また、通知表や内申点についても、今が中3かもしれませんから、気軽なことはさすがに言えませんが、中1-2ならまだこれからいくらでも改善していくことができます。

もちろん、学年や資質によっては、ある程度の割り切りや妥協は求められるでしょうが、完全な諦めは全く必要ありませんから、前向きに打てる手を1つずつ打っていかれてくださいね。

 

なお、似たようなケースについては、過去にお届けした教育相談の中に、いくつも見つかるかと思います。

「努力を嫌がる」「ぎりぎり行けるくらいの高校で良いと言う」「提出物が出せない」「全教科、平均点が取れない」「通知表は2ばかり(または、オール2や1混じり)」など、記事として取り上げた覚えのあるテーマばかりです。

古い記事は正会員向けに非公開としているため、もしかするとサイト内を探しても見つからないかもしれませんが・・・もしあるようなら参考にしていただければ幸いです。

 

○ 参考:提出物についてはこちらも。

提出物の重要性をうまく伝えるための3つのポイント

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員