中学生向けの定期テスト対策勉強法は、あちらこちらの本やサイトでいろいろなことが書かれています。

もちろん、正しい情報もあるのですが、中には「それはちょっと・・・」と言いたくなるようなものもあります。

間違った情報が当たり前のように出回る状態は嫌ですから、「定期テスト」「テスト勉強」「成績」などで検索上位のサイトを踏まえつつ、間違った情報を正していきましょう。

 

テスト勉強は2週間前から始める

「定期テスト対策をいつから始めたらいいの?」

こういう疑問を持つ生徒や親御さんも多いわけですが、それに対する最も一般的に見かける答えが「2週間」ですね。

一般的と言うより、ほとんどこれしか見かけないというほうが正しいかもしれません(笑)

 

2週間というのは、別に間違いではなく、むしろ不特定多数に向けた一般論としては、一番無難な答えです。

もちろん、もっと早く始められるならそれに越したことは無いですし、そもそもいちいち直前に対策をしなくても良い状態にするのが理想です。

何しろ、2週間かけたところで、詰め込むようなやり方だったら、前日に徹夜で覚えるのと本質的に変わらないですからね。

しかし、そういった細かい話をしだすとややこしくなりますから、やはり「2週間前から」と言っておくのが、分かりやすいでしょう。

 

ただ、ここでの最大の問題は、「実際に2週間前に始めるのが難しい」ケースがとても多いことです。

「そんなに早くから嫌だ」と、面倒臭がって動き始めない生徒もいますし、2週間前からやるつもりで計画を立てていても、なかなかそのとおりにスタートを切れない生徒もいます。

学校や地域によっては、1週間前どころかもっとぎりぎりまで部活動がフルで行われるようなところもあって、そもそも2週間前の時点ではまともに時間が作れない状況の生徒もいます。

それに、今は塾に通っている生徒が多数派ですが、塾ならこういったことを踏まえて予定やカリキュラムが組まれていて当然なのに、なぜか肝心の授業がそうなっていないところもあります。

本当なら定期テスト対策を始めるべき時期に、なぜか塾が率先して他のことに時間を使わせているのですから、わけが分かりません。

 

さらに言うと、「たとえ2週間前から始めたとしても、明らかに終わるはずがない」ような困ったケースもあります。

上で書いた、他のことで時間が十分に取れない生徒はもちろんですし、能力的に2週間かかっても終わらない生徒もいます。

自分なりに終わるはずの予定を立てていても、塾で余計な課題を大量に出されて、結局どれも中途半端で終わるようなパターンも少なくありません。

ですから、単純に「2週間前からしましょう」ではなく、「そういった生徒をどうするか?」というところまで含めないと、この問題は解決しません。

 

「理想と現実の狭間」ではないですが、勉強(指導)をする際には、こういったあたりの調整が不可欠です。

そして、勉強が苦手な生徒たちは、そもそもの「調整をする力」自体が弱いということを踏まえて、必要なアドバイスやサポートをするようにしたいですね。

 

○ 参考:定期テストの学習計画についてはこちらも。

定期テストの学習計画表の正しい作り方

 

しっかりと授業を聞く(& 普段から復習をする)

これは「まさにそのとおり」の正論なのですが、正論ゆえに「それができれば苦労しない」という典型でもあります。

それに、それが簡単にできる生徒なら、最初からもっと良い成績を取れるわけで、それができないからこそ苦しんでいるという前提が抜けています。

言っていることは正しいけれども、言ってもあまり意味が無いと言いますか、よく教室に貼ってある標語やスローガンと同じようなものですね(笑)

 

また、これに加えて「授業の予習をする」まで書いてあるケースもありますが、恥の上塗りならぬ、無理の重ね着とでも言うようなアドバイスですよね。

そもそも、普段から予習と復習の両方をするような時間が無い生徒も多いわけで、もう少し現実的なことを言わないと、生徒をやる気にさせるどころか、逆に絶望させるだけです。

もちろん、予習・復習が悪いとは言いませんが、能力や時間といった限られたリソースの中で何を優先するかというところまで含めて、生徒に助言・指導をするようにしたいですね。

 

なお、「普段から授業をしっかりと聞きましょう」と書いてあるところがとても多いですが、この言葉にはどうも違和感があります。

自分が生徒だった頃に、しっかりと聞きたくなるような授業をしてくれる先生がどれほどいたかという話で、むしろ聞くに堪えないひどい授業をしている先生のほうが多かったものです。

もちろん、真面目で優等生な生徒たちは、それでもしっかりと(我慢して?)聞いていましたが、勉強が苦手な生徒にそれを求めるのはさすがに無理があるでしょう。

そもそも、その先生たちの授業を聞いて「分からなくなった」「その教科が嫌いになった」生徒たちも大勢いるわけで、それでも我慢してしっかり聞くことを強要するのは、もはや拷問や虐待に近いです。

だからと言って、「授業は聞かなくていいよ」とまでは言いませんがひどい授業で虐げられている子供たちの気持ちも汲んだ上で、適切な言葉をかけてあげてほしいと願います。

 

○ 参考:真面目に授業を聞いて毎日コツコツ・・・が正しいとも限りません。

勉強は毎日コツコツやるほうが良い?

 

分からないところを先生に質問する

これも正論ですが、正解では無い言葉ですね。

 

生徒の中には、先生に聞きに行きたくても行けないというタイプもいるということを忘れてはいけません。

確かに、先生に質問することで、先生との関係が良くなったり、学習意欲が伝わったりというプラスもあるのですが、それは一定以上のコミュニケーション力を持った生徒にのみ起こることです。

コミュニケーション力が低ければ、逆に先生に嫌な思いをさせる可能性もあるわけで、それでもあえて行かせるなら、事前に「その子にコミュニケーション力を育てたのか?」という話ですよね。

 

それに、上でも書いたように、その先生のせいで授業についていけなくなった生徒や、分かりにくくて苦労している生徒もいることを想像しているでしょうか。

そもそも、ある先生の授業を受けて分からなかったところを、同じ先生に聞いても分かるようになる可能性は、正直あまり高くはありません。

生徒から質問をされた時、短い時間の中で生徒のつまずきを正確に把握し、それに応じた説明をしたり、場合によっては、生徒に合わせて説明方法そのものを変えたりするのは、一流のプロにとっては当たり前でも、普通の先生には難しい(どころか不可能)な技術です。

結局、聞いても分からないまま、あまりしつこく聞くと先生を嫌な気分にさせたり(それは通知表の低下につながります)、場合によっては理不尽に怒られたりといった経験をしたことのある人は少なくないはずです。

しかし、なぜか自分が親や先生の立場になると、そういった思いをしたことをすっかり忘れて「先生に聞きに行きなさい」と平気で言えてしまうのですから、何とも難しいものです。

 

先に質問に行ける力をつけてやるなり、質問に行きやすい雰囲気を作るなり、質問に答えてくれる先生を用意するなり、今なら動画などを見せてやるなり、支える(教える)側でやれること、やるべきことはいくらでもあります。

正論だからと言って、ただただ無責任に放つのではなく、そういったことも念頭に置きながら、本当の意味で子供に寄り添った助言や指導をしてあげてくださいね。

(くれぐれも、甘やかせという意味ではなく、今の子供のレベルに合った、ぎりぎりの負荷をかけるという意味です)

 

過去問を解く

これを書くのは、本当にやめていただきたいです。

他の記事でも書きましたが、定期テストで過去問に頼るのは、いわば邪道です。

 

一部(と言うより、そこそこ多く)の塾が、学校の定期テストを勝手にコピーしたり、対策テキストとして配布したりしていますが、あれは著作権を無視した完全にアウトの違法行為です。

そもそも、全く同じ問題が出ることを期待して前年の問題を解くようなのは、教育上も倫理的にも問題なわけで、指導者としても、教育者としてもセンスがありません。

そうした勉強法をすすめているサイトも、指導力の底が知れていますから、利用の際はお気をつけくださいませ。

(念のため、学校が自ら配る場合は、教材として利用してほしいということですから、好きなだけ利用して構いません)

 

○ 参考:過去問についてはこちらも。

定期テストの過去問演習は効果があるのか

 

テストは全教科100点を目標にする

もちろん、相手が優秀な最上位の生徒ならば、これで構いません。

しかし、それ以外の生徒には、無闇と100点を目指させるのは基本的に避けるべきです。

 

80点を目標にした時点で、80点以上はとれません。

100点を目指してこそ、90点や80点をとれるわけで、最初から残りの20点分を勉強しないようでは話になりません。

 

・・・というような理屈で、常に上を目指すべきだという言い方をする先生がいますが、これは完全に強者の論理です。

最上位高校や難関大学を目指す大手進学塾などに多いわけですが、相手が8割、9割を普通に目指せる生徒ならそれも良いでしょう。

しかし、頑張って勉強して80点がやっとのような、より多くの一般的な生徒にまでこういうことを言うのは、完全に筋違いです。

先生になるのは、学生の頃に成績優秀だった人が多く、そのせいでこういった論調が当たり前のようになってしまいますが、そんな一部の常識が全ての生徒にとっての常識とは限りません。

こういう無理なことを言う先生は、それがぴったりくる一部の生徒には良いですが、それ以外の圧倒的多数には不向きですし、場合によってはやる気を失わせたり、潰したりしてしまいますから、できるだけ避けましょう。

 

○ 参考:定期テスト対策の勉強法に関するよくある誤解はこちらにも。

定期テストの勉強法と、よくある誤解

 

ノートまとめをしてはいけない

きれいなノートを作ることにばかり気が取られて、その中身が頭に入っていない生徒が、昔からたくさんいました。

そのため、「ノートまとめを勉強と思うな」「きれいなノートづくりにこだわるな」という意見をよく見かけるようになってきたことは、とても良い傾向です。

ただ、今度はそれが行き過ぎて、「ノートまとめは意味が無い」「ノートまとめをしてはいけない」という、逆方向に極端な意見を見かけるようになりました。

 

基本的にノートまとめは、あまり効率の良い勉強法でないのは確かです。

しかし、ノートまとめが有効な場面もありますし、ノートを使ったほうが頭に入りやすいタイプの生徒もいます。

悪いのは、ノートをきれいに取ることが目的化してしまって、肝心の頭に入れるほうがおろそかになってしまうことで、決してノートにまとめること自体が悪いわけではありません。

過激で単純な意見のほうが目を引きますが、例外は必ずあるものですから、最終的には「目の前の生徒」に合わせて判断してくださいね。

 

○ 参考:ノートを使った勉強法についてはこちらも。

成績の上がるノートの使い方・まとめ方

 

余談

それにしても、検索で上位表示されているサイトをいくつも見てみましたが、昔よりも情報の充実した記事が増えたのは良いことですね。

特に、見栄えやユーザビリティはとても向上しており、少なくともこのサイトよりは見やすくて読みやすいサイトがたくさんあります(笑)

しかし、大量生産の粗製乱造とでも言いますか、明らかに専門外のライターに書かせたらしい中身の薄い記事が、特に有名サイトを中心に増えているのはとても残念です。

また、プロが書いているサイトでも、思い込みばかりで生徒の事実と異なる記事や、素人でももう少しまともに書けるだろうという程度の記述、そもそも書く必要が無いだろう内容など、どうしてこれらのサイトが上位表示されているのか首を傾げてしまうものも多いです。

逆に、上位表示されない目立たないサイトで良いことを書いているところもあるなど、検索エンジンの精度はまだまだ低いと言いますか、少なくとも教育関連の情報については、一時期よりむしろ精度が下がってしまった感もあります。

有名だから、記事数が多いから、宣伝で露出が多いからといって上位表示するのではなく、内容の正しさや本当の意味での専門性で評価されるようになっていくと良いですね。

 

○ 参考:教科別の定期テスト勉強法はこちら。

定期テスト(中間・期末)の勉強法[5教科]

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員