英語の基本と言えば、やはり英単語です。

しかし、英単語を覚えるのはなかなか大変ですよね。

特に、英語が苦手な生徒は、1つ覚えるだけでも苦労するものです。

そこで今回は、英単語の覚え方を取り上げましょう。

 

英単語を読んで覚える(声に出して覚える)

英単語を発音しながら、声に出して覚える覚え方です。

もともと英語は表音文字と言って、つづりがそのまま発音になるようになっています。

そのため、声に出して読みながら覚えるのは、その成り立ちからも理にかなった覚え方です。

それに、読めないものを覚えるのは、さすがに無理がありますよね(笑)

音読しながら覚えるほうが覚えやすいですから、どんどん声に出して覚えていきましょう。

 

ただし、中には声に出したほうが覚えにくいという生徒もいる点には注意が必要です。

実は、「覚える」という行為をする時に、「声を出す」のは、全く別の2つ目の行為をしている状態です。

そして、人は誰でも同時にする行動が増えるほど、1つ1つがおろそかになって、どちらも中途半端になってしまうものです。

そのため、英語が苦手な生徒であればあるほど、「声に出す」ことが負担になって、「覚える」どころではなくなってしまうケースもあるわけですね。

このあたりは、必ずどうだとは言えないですから、生徒に合わせて配慮したいですね。

 

ルビ(カタカナ)をふって覚える

声に出して覚える際に、カタカナで読み方のルビをふるかどうかが問題になります。

実はこれも、ルビをふったほうが良い生徒と、ふらないほうが良い生徒に分かれます。

 

ルビをふることで英単語が発音しやすくなって、スムーズに覚えられるようになる生徒がいます。

反対に、カタカナのルビが邪魔になって覚えにくい生徒もいて、絶対にどちらが良いとは言えません。

 

また、短期的には、カタカナでルビをふったほうが覚えやすくなっても、逆にカタカナなしでは覚えられなくなってしまい、中長期的には、逆に覚えるのが遅くなってしまう生徒もいます。

他にも、英語の発音を遠慮しがちな生徒でも、カタカナにすることでスムーズに発音できるようになるメリットと、日本人はただでさえ発音が苦手なのに、一段とカタカナ英語の癖がついてしまうというデメリットもあります。

 

こういったメリットやデメリットのどちらが強く出るかは、生徒によっていろいろですから、個々の生徒に合わせて活用したいですね。

 

○ 参考:英語の勉強法はこちらも。

中学英語 家庭でする英作文の勉強法

 

文章の中で覚える

単語を1つだけ単品で覚えるのではなく、文章の中で覚えるという覚え方があります。

例えば、「like」を「好き」と1対1で対応させて覚えるのが普通ですよね。

これを「I like English very much.(私は英語がとても好きです)」のように、文章まるごとで覚えるのが、もう1つの覚え方です。

こうすることで、記憶に残りやすくなる上に、実際の英文の中での使われ方も一緒に身につくというわけですね。

 

また、単語を1つ1つ分けて覚えるのではなく、文章の中でまとめて覚えるという覚え方もあります。

例えば、「study(勉強する)」「English(英語)」「Japanese(日本語)」を覚える時に、「I studied English and Japanese yesterday.」という例文まるごとで覚えるわけです。

こうすることで、1つ1つ覚えるよりも効率がアップして、たくさんの単語を一気に覚えられるという人もいます。

 

ただし、文章の中で覚えるのが、逆に覚えにくいという生徒もかなりいることには注意が必要です。

特に、英語が苦手な生徒は、間違った文章で覚えてしまったり、細かい部分の記憶が曖昧になってしまったりしがちです。

これもまた、合う合わないがあるものですから、個々の生徒に合わせて選択しましょう。

 

何度も書いて覚える

これは昔ながらの典型的な覚え方ですね。

英単語を覚えられない生徒に限って、ただぼーっと英単語や英文を眺めているだけ・・・ということも多いです。

そこを、漢字を何回も書いて覚えるように、英単語を何回も書いて覚えるわけですね。

ついでに発音をしながら書くことで、より覚えやすくなる場合が多いです。

 

ただし、やっぱりこれも生徒によって合う合わないがある点には注意が必要です。

書くことで記憶に残りやすくなる生徒もいますが、書くことで逆に覚えにくくなってしまう生徒もいます。

それに、書くこと自体が嫌いな生徒の中には、もともと覚えることが嫌いではないのに、「書きなさい」と言われてしまったせいで、そこから逃れるために覚えることを放棄するケースもあります。

別に「覚える」=「書く」だけでは無いのですから、こちらの思い込みで、生徒に合わないやり方を強要してしまうことがないようにしたいですね。

 

○ 参考:覚え方にもいろいろあります。

見て覚えるより、書いて覚えるべきか?

書いて覚える勉強法は正しいか?

 

単語カードで覚える

これも昔からある有名な覚え方ですね。

カードを準備するのに、かなりの時間と手間がかかりますが、生徒によってはそれで覚えられると言う場合もあります。

また、1回目は書きこむ必要がありますが、それ以降は書かずに覚えることができるようになります。

逆に、カードに書き込むのが負担でしかない場合には、最初から書き込んであるカードを買うのもありです。

 

ただ、カードで覚えるのにも、やはり生徒によって合う合わないがあります。

カードを眺めているだけでは全く頭に入らない生徒もいますし、読めるようにだけなって、テストなどではちっとも書けない場合もあります。

また、カード自体が使いにくいという生徒や、カード作りが面倒で逃げてしまう生徒もいます。

書いて覚える場合と比べて、「書く」という作業が減ったぶん覚えやすくなる面もあれば、逆に書かないぶんだけ記憶に残りにくくなる面もありますから、やはり個々の生徒に合わせて使いたいですね。

 

テスト形式で覚える

これは塾でよくする覚え方で、効果もそのぶん高めです。

覚えるというインプットの作業だけだと、本当に覚えたかどうかが怪しいですよね。

そこを、テストするというアウトプットの作業を入れることで、ちゃんと覚えたかどうかの確認ができます。

 

ただし、やはりテスト形式が逆効果になってしまう場合もありますから、そこは注意が必要です。

塾でも、英単語のテストが毎回0点かそれに近い点数ばかりで、追試や居残りや宿題や何度も何度も書かされる生徒がいますが、しばらく後の定期テストでもやっぱり覚えていません。

これで前より少しくらい覚えられたとしても、それで英語を嫌いにさせてしまっては、さらに英語が頭に入りにくくなってしまい逆効果です。

 

いくら効果の上がりやすい方法でも、やり方を間違えたら意味が無いですから、やはり生徒に合ったやり方を大事にしたいですね。

 

いっぺんに100個覚える

毎日少しずつ覚えるのとは真逆の、たくさんの単語に一気に覚えるという、最近(?)流行りの方法ですね。

覚える単語が100個あるとしたら、毎日10個ずつ10日に分けるのが従来の覚え方ですよね。

それを、1日に100個まとめて、1語について3秒以内で一気に目を通していき、分からなければすぐに答えを見る・・・というのをテンポ良く繰り返す覚え方です。

毎日小分けにして覚えるよりも、単語に触れる回数が圧倒的に多くなり、後はとにかく繰り返すことで覚えられるという仕組みですね。

 

もちろん、これはこれでわりと効果的な方法ですが、やはり生徒によっては合う合わないがある点には注意が必要です。

毎日*個ずつ覚えていく覚え方だと覚えられない!と言われるわけですが、実際には毎日コツコツ覚えるほうが記憶に残りやすい生徒もいます。

どちらが必ず正しいということは無いですから、自分に合うものを選択していきましょう。

 

○ 参考:英語の勉強法はこちらも。

中学英語の勉強法 ~良い方法&悪い方法~

 

英単語で英文を作りながら覚える

上で、英単語を英文で覚えるというのがありましたが、こちらは自分で英文を作りながら覚える覚え方です。

無機質な1つの英単語としてではなく、実際に自分で使ってみることで、より自分のものとしやすくなります。

もちろん、これもアウトプットになりますから、英単語としてだけ覚えるよりも記憶に残りやすくすることができます。

 

ただし、これも生徒によって逆に覚えにくくなる場合があるため注意が必要です。

それに、英文を作るのに時間を使いすぎると効率が落ちますから、テンポとバランス良く進めていくことが大切です。

ノートに書くのか、口ずさむのか、頭に思い浮かべるだけか・・・といったあたりも含めて、個々の生徒に合わせたやり方をしたいですね。

 

隙間時間に覚える

「これから英単語を覚えるぞ!」と、きっちり時間を作って覚えるのも、1つの覚え方です。

一方で、細切れの隙間時間を使って、何度も繰り返し覚えるのも、1つの覚え方です。

移動時間や日常のちょっとした空き時間を使って、英単語を見返すようにするのも、とても効果的です。

単語の暗記に慣れてこれば、勉強と勉強の合間の休憩として覚えるようなことも、苦にならなくなってくるでしょう。

 

ただし、これも「しっかりと時間を作って覚えるほうが覚えやすい」「隙間時間だと切れ切れで頭に入らない」と言う生徒もいます。

また、まとまった時間や隙間時間ではなく、何か他のことをしながらの「ながら勉強(ながら暗記)」のほうが頭に入るという生徒もいます。

英単語の暗記というと、集中しないとできないような気がしますが、集中力が必要ないやり方をすれば、それこそ音楽を聞きながらでも大丈夫です。

どういう時間に勉強するのが必ず正しいということは無いですから、個々の生徒に合わせて選択したいですね。

 

まとめ

以上、いろいろな英単語の覚え方を見てきました。

誰にでも合う「これが最高!」というものは無い一方で、個々の生徒について見れば「これが一番覚えやすい」となるものが、必ずあります。

また、ここではあえて英単語を単独で覚える際の覚え方を取り上げましたが、英語学習に置いては、英単語「だけ」を覚える以外にも、英単語を覚える方法はたくさんあります。

そういったものも組み合わせる中で、より効率よく覚えられる覚え方を見つけていきたいですね。

 

なお、英単語の暗記に限らないことですが、「自分に合った覚え方を見つける」という視点だけでなく、「その覚え方をうまく使いこなせるようになるまで習熟する」という視点も大切になってきます。

ある覚え方をしてみて、どうにもうまく覚えられない場合、「その覚え方が生徒に合っていないから」という場合もありますが、「その覚え方をうまく使いこなせていないから」という場合もあります。

生徒に合っていない場合は、それ以上続けるのは時間の無駄ですが、本当はその生徒に合っているのに、うまく習熟させられていないせいで、合っていないように見えるだけ・・・という場合も、実際にはあります。

この「習熟」という観点も含めると、勉強法選びはなかなかに難しくなってきますが、実は自分に合う覚え方にもう巡り合っているのに気づかず、自分に合った覚え方を求めてさまよい続ける永遠の旅人になってしまうのは切ないですから、ぜひ頭の片隅に置いてみてくださいね。

 

○ 参考:英語の勉強法はこちらも。

高校受験 英語の勉強法(公立高校入試対策)

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員