• 「自分には英語のセンスがない・・・」
  • 「英語のセンスが無い場合はどうしたら?」

そういった心配をしている人もいるのではないでしょうか。

単純に「英語力」と言っても、ビジネスの現場で通用するレベルの英語力や、海外の現地で生活していくのに必要なレベルの英語力など、いろいろありますよね。

ここでは将来の仕事や旅行と言った不確定な話は抜きにして、中学英語(高校受験英語)において必要なセンスに絞って話をしています。

 

参考:高校受験に向けた具体的な勉強のポイントはこちら

高校受験 英語の勉強法(公立高校入試対策)

 

中学生(高校受験)の英語にセンスは必要か?

いわゆる「絶対音感」「運動神経」「芸術的才能」のように、生まれつきの才能が多分に問われるものをセンスと呼ぶとすると、英語にセンスはいりません。

なぜならば、英語は所詮「言語」であって、使っていれば誰でも使えるようになるものですからね。

 

実際アメリカ人やイギリス人ならば、(書けるかどうかはともかく)話すことは頭の良さに関係無くほぼ全員できます。

そもそも英語は「5教科」に入れることが憚れるくらい、別の教科とは一線を画するものです。

あくまでもグローバル社会という時代のニーズや、大学進学後の英語論文に対応させるためのものであり、全ての日本人が普遍的に学ぶべき「教科」として当てはまるかと言えば、議論の余地が大きいです。

それに、本当の意味で英語のセンスを語るならば、それは日本語で美しい名文や、伝わりやすい文章を書くような、「日本語のセンス」と同じ話になってきます。

 

リスニングにはセンスが必要

厳密に言えば、英語の発音を正確に聞き取る「耳」はセンスが必要です。

これは幼少期に形作られるものであり、大人になってからどれだけ生きた英語に触れても、ネイティブが聞き取るのと同じようにはまずなれないとも言われていますよね。

(海外の人がどれだけ日本語を上手に話すようになっても、注意して聞くと微妙になまりを感じるのと同じです)

しかし、このセンスを身につけようと思ったら、幼少期にネイティブの発音に触れることが必要で、小学生になってからではすでに遅いです。

それに、幼少期に生きた英語に触れていなくても、海外で英語を使って活躍している人はいくらでもいるわけで、訓練次第でどうとでもフォローできるものだと言えます。

 

中学英語ならセンスはなくても大丈夫

特に、中学英語で必要なセンスで言えば、そんな正確な聞き取りや発音の力など必要ありませんから、訓練でいくらでも何とでもなります。

確かに、生まれつきで全てが決まるような種類の才能も無くは無いですが、基本的には才能も厳しい訓練の結果センスが花開くものですよね。

そして、「生まれつき持っていないと勝負にならないもの」をセンスと呼ぶことにした時、中学英語には何らかのセンスは特に必要無いと言えます。

つまり、ちゃんと学べば誰でもテストで80-90点程度がとれるレベルにはなれますし、中学英語で必要とされる程度のセンス(リズムで覚える、単語がすぐに頭に入る、リスニングができる、発音が良いなど)は、全て訓練すれば身に付けることができます。

 

上級英語にセンスは必要か?

なお、これはあくまでも中学英語の話です。

高校以上の範囲はまた別ですし、文学的な言語能力としての英語や、実社会で通用する英語かどうかの話などは含めません。

また、例えば、小学生レベルの日本語が分かっていない中学生に、いきなり英語を学ばせるのも難しいものがあります。

世の中にはいろいろな生徒がいますし、身につけたいレベルも人それぞれです。

それなのに、「英語にセンスは一切必要無い」「英語は100%誰でも使いこなせるようになる」のような強気(無謀)な発言をするつもりはありませんから、そういったあたりは誤解の無いようにお願いします(笑)

 

参考:センス以外に中学英語で身につけたい力はこちら

中学英語で身につけるべき英語力とは?

 

英語のセンスをつけるために英会話学校を利用する?

英会話学校に通わせる際に、「英語のセンスを身につけさせたいから」と考えるご家庭は多いです。

海外生活や海外留学をさせる予定のあるご家庭や、英語を使うグローバル仕事を目指す生徒など、「外国人に通じる英語」が必要な場合には、英語のセンス(感覚)を磨くことはとても大切です。

ところが、日本は諸外国と違い、(将来はともかく)現状では英語を一切使わなくとも、何も困ること無く生きていくことができる環境にあります。

そのため、普通に生活している中では「生きた英語」に触れる機会が全くありません。

そうした中で、生きた英語に触れる機会を得ようと思った場合には、英会話学校は1つの大きな選択肢になります。

 

英会話のセンスと、受験英語のセンスは別物

ただ、ここで言う「センス」とは、「海外で通用する英語」が基準になっていて、決して「学校で必要な英語(=受験に対応する英語)」とは異なります。

小中高大と何年も英語を習う中で、英文を読む力は身についても、通じる英語を話せる力がちっとも育たない現実を見ても分かるように、学校で必要な英語力と、海外で通用する英語力との間には大きな溝があります。

日本語でも、書き言葉と話し言葉は違いますし、堅苦しいスピーチが上手な人もいれば、くだけた日常会話が上手な人もいるように、一口に「英語力」と言っても、どういう目的で英語を使うのかによって、細かい部分で必要な力は変わってきます。

いくら若者言葉のセンスがあっても、ビジネスの世界では全く通用しないように、求められるセンスは状況によって異なりますから、それを一絡げにして「英語のセンスが必要だ!」と言うのは安易で危険です。

 

参考:英作文力を高めたい時の勉強法はこちら

中学英語 家庭でする英作文の勉強法

 

センスを目指して、小さいうちから英会話や英語学習をさせる際の注意点

幼稚園や小学校のうちから英会話学校に通わせるご家庭も増えています。

ところが、子供が小さい頃に英会話学習に力を入れて、今では高校生や大学生になったご家庭に話を聞いてみると・・・

  • 「あれだけ高い英語教材にお金をつぎ込んだのに、大した効果が無かった」
  • 「ネイティブの教室に通わせたのに、ちっとも英語が話せるようにはなっていない」

などと嘆くようなケースは、とても多いです。

 

英語(=言語)のセンスは、短期間で身につくはずがない

実際に指導していても、幼少期に英会話学習をしていた生徒が、中学英語で有利になっている感覚はあまり無いですし、小6くらいから本格的に学び始めた生徒のほうがずっとできる場合も多いです。

そもそも、幼少期のほんの一時期、しかも海外に住むわけでも無く、週にほんの数時間だけ英会話教室に通わせただけで、本物の英語のセンスが身につくはずが無いですよね。

仮にそうした力がつくだけの濃い指導だったとしても、「言語」は使わないと感覚が鈍っていきますから、小学、中学、高校、大学・・・とずっと続けていくことが必要不可欠です。

しかし、大抵のご家庭では「もうすぐ受験だから、進学塾に入れて英会話はやめさせよう」などとちぐはぐなことをしてしまっていますから、そこまで育ててきた英語の感覚も途切れてしまい、いつしかほとんど元通りになってしまいます。

 

参考:英語センスの必要性についてはこちらも

高校受験の英語にセンスは必要か?

 

本格的な英語センスを育てたいのか、受験に対応できるセンスで良いのか?

中学入学前の英会話学習についても、あくまで「中学進学後に英語への抵抗感を無くす」ことが目的であれば十分効果は見込めるのですが、つい欲張って「中学入学後の英語の成績を上げたい」「将来に通じる英語力を身につけたい」とまで求めてしまうと、期待外れとなるケースが増えてきます。

もし、「留学やビジネスで使えるような英会話ができるようになりたい」が目的の場合は、それこそ最低でも週に3-4回以上、受験期間中もずっと通わせるくらいの気持ちは必要です。(もちろん、自宅で毎日1-2時間以上の英語学習が別で必要です)

それを、幼少期に少し英会話教室に通わせたくらいで、大きくなってから英語が話せるようになると考えるのは望み過ぎですし、仮にセンスを身につけたとしても、それがそのまま大人になるまで続くと考えるのも期待過剰です。

反対に、「中学進学後に英語への抵抗感を無くす」だけが目的であれば、そこまで多額のお金をかける必要は無いはずですから、こういったあたりを踏まえれば「どの程度までお金を使って良いか(使うべきか)?」も分かると思います。

 

英語センスにとらわれすぎない発想も大切

ただし、「受験さえ突破できる程度のセンスがあればそれで良い」と言うつもりは全くありませんよ。

もちろん、その反対に「実用的な英会話のセンスが絶対に必要だ」と言うつもりも全くありません。

確かに、英語は「できたほうが良い」ものですが、そんなことを言ったら、スポーツにせよ芸術にせよ学問にせよ、世の中できたほうが良いことだらけですよね。

どんなセンスも、あればあっただけ良いに決まっていますが、それをそのまま子供に求めれば、学ぶことが無限に増えてしまい、結局は潰してしまうことになりかねません。

プロスポーツ選手にとって、ハイレベルな英語センスや芸術センスが必ずしも必要ないように、大事なのは、生徒自身の能力・適性・興味などに合わせて、必要なものを必要なだけ選択することです。

そういった点も踏まえて、必要な力を育てていくことが、勉強だけでない「生きる力」を育てることであり、子供の未来を幸せにする子育て・教育へとつながっていくのではないでしょうか。

「英語センスを高める」こと、それ自体は目指していただきつつも、同時に広い視野で見てあげることも忘れないようにしてくださいね。

 

参考:センスに頼らない中学英語の勉強法はこちら

中学英語の勉強法 ~良い方法&悪い方法~

 

 

サイト内で手軽に学ぶ「勉強法ツアー」はこちらからスタート!

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員