塾でプロに教えていただくと英語も伸びるものなのでしょうか?

はじめまして。
現在中学2年生の息子を持つ母親です。

2年生の3学期の実力テストでは374点で
今回の定期テストは375点でした。
国・数・理・社は全て80点くらい取れたのですが
英語だけ50点代でした。
普段も時間があれば30分でも1時間でも
一緒に英語の勉強をするようにしています。
テスト前も私が英語を傍で見ており
他の教科はあまり勉強せず
数学なんて全く教科書を開くことも無く受けても
80点代が取れるのに
英語が今の状態から抜け出せません。

どういう勉強をしているかと申しますと
テスト範囲の単語や熟語を覚えるまでやる。
教科書の本文を教科書ガイドを見て日本語で
書いたものを英文にさせる。

主要な表現は覚えてるのですが
前置詞が分からなかったり並べ替えの時に
目的語が動詞の後に来なかったり
問題の日本文をきちんと読まずに答えるので
答えるべきものが違ったりします。
言えば後から「あっ!本当や」って感じです。
それでいつもテストは英語が50点代や60点代です。

子供の第一志望高校は大垣東高校なのですが
今は塾に行っていません。
3年生から塾に行こうと思っており
西濃地区最大手の集団指導の塾に行くつもりをしています。

ですが英語がそんな状態で塾で付いていけるのか
伸ばすことができるのかが心配です。
今年の夏休み明けまでに英語をどうにかしないと
大垣東高校なんて厳しいと思います。

私と息子の勉強方法がいけないのでしょうか?
塾でプロに教えていただくと英語も伸びるものなのでしょうか?
最大手の集団指導塾で英語がついていけるでしょうか?
3年生なので通常授業の他に受験対策として違う日に基礎からの英語の授業もあります。
それに期待しているのですが・・・

お忙しいと思いますがお時間のある時にアドバイスしていただけると助かります。
乱文・長文、失礼いたしました。

 

参考:受験対策を意識した英語の勉強法はこちらも

高校受験 英語の勉強法(公立高校入試対策)

 

英語が苦手で50点台の生徒の勉強法

はじめまして。

今回は質問内容がかなり具体的ですね。

このくらい情報をいただけると、こちらも返答がしやすいです。

それではさっそくお答えします。

 

(1)英語の勉強法について

まず、「実力テストと定期テストの点数がほぼ同じ」と言うのがポイントですね。

 

中2の3学期ともなると、実力テストのほうが低い得点になる生徒が多数派です。

理由は簡単で、定期テストのほうが範囲が狭くて勉強しやすいからですね。

逆に、定期テストで点数がとれないのは、特に暗記系教科の場合「定期テスト向けの勉強が苦手か、やり方があっていない、またはそもそも勉強不足だ」と言えます。

 

今回は英語のようですが、実力テストも定期テストも50点台となると、おそらく基本的な文法事項などで抜けてしまっているところがあると思われます。

こういった場合は「定期テスト対策よりも根本的な英語力を底上げする」ほうが大事です。

ただ、それを語りだすと話がそれるため、ここではいったん「定期テスト対策」にしぼってお話しますね。

 

現在の勉強法は「テスト範囲の単語や熟語を覚えるまでやる」「教科書の本文を教科書ガイドを見て日本語で書いたものを英文にさせる」のようですが、残念ながらこれは少しずれています。

英語が得意な生徒にはこれで良いのですが、50点くらいの生徒にはやや不向きですね。

 

そこで、こういうふうにしてみてはいかがでしょう?

もちろん理由も書いていきます。

 

省略部分も含めた全てのやりとりは「正会員の専用書庫」でどうぞ

 

(2)塾について

「英語を夏休み明けまでにどうにかしないといけない」は正しいです。

志望校が大垣東高校ですと余計にそうですね。

そして、西濃地区最大手の集団指導の塾となると、志門塾さんしか無さそうです(笑)

 

私と息子の勉強方法がいけないのでしょうか?

まず、「私と息子の勉強方法がいけないのでしょうか?」ですね。

これは先にも書いた通り、方法に多少の違いはあるにせよ、先の方法もmugi様の方法もどちらとも「定期テストのための勉強法」です。

しかし、入試を見据えているのであれば「入試のための勉強法」が必要です。

そういう意味では勉強法が間違っていることになってしまいますね。

 

塾でプロに教えていただくと英語も伸びるものなのでしょうか?

ここについては、塾講師=全員プロと言えるわけでは無い点には注意してください。

外の方から見ると塾講師は専門的にすごい人が集まっているように見えますが、内部の人間から言わせれば「一部のプロと、大半は素人に毛が生えた集団」です。

大手の集団塾ほどそうで、実際に毎年の新人や中途の採用人数、それに研修内容などを知ったら驚きますよ(笑)

 

ですから、「プロに教われば英語は伸びる」は正しいですが、「塾で教われば英語は伸びる」は正しいとは言えず、教わる先生次第です。

 

ただ、今まで塾に行っていなかった生徒が中3から通いはじめると、急に伸びるケースが多いのは事実です。

勉強時間が増えて、周りの刺激を受けつつ、しかも効率良く勉強させてもらえるわけですから、当然と言えば当然ですね。

そういう意味では「可能性はある」と言えるでしょう。

 

ただし、現実的なことも付け加えておくと、よく伸びる教科はたいてい数、理、社です。

英語は、テスト慣れとテクニックで点をとらせるだけで、それだと高校では通用しません。

本当の意味で英語力をつけてくれるような塾は、かなり少ないのが本当のところですね。

 

最大手の集団指導塾で英語がついていけるでしょうか?

こちらについては、その塾の通いたい校舎が学力別のクラス分けをしているのであれば、一応ついてはいけるでしょうね。

例えば3クラスに分かれていて、他の教科が上位クラスで英語だけ下位クラスとすると、ついていけるどころか退屈なくらいかもしれません。

(それで成績が上がるかどうかは別問題です)

 

一方、全ての教科で上位クラスに入るようですと、ついていくのは難しいでしょうね。

それに、その授業の教員の指導力にもよりますし、お子さんが多少レベルが高くてもそれに意地でもついていこうと思える性格かどうかも関わってきます。

ですから、一概には言えないですね。

 

ただ確実に言えるのは、通常授業のほうは消化不良になる可能性が高いことです。

消化不良とは、「授業についていけない」だけでなく、「授業を聞いて分かったつもりになっていても、実際の成績はあまり変わらない」「今は分かった気がするだけで、高校では通用しない」のも含みます。

そういう意味では、「授業についていける」だけだと物足りないわけですが、そこそこの学力のある生徒という前提であれば、そこまでは何とかなる可能性が高いでしょう。

(もっと低学力の生徒だと話は違ってきます)

 

しかし、大手ほど「定期テストのためのカリキュラム」に縛られる傾向があります。

頑張ってついていけば一時的に点数は上がりますが、上に書いたように「定期テストのための勉強」には変わり無いため、それで入試の点数が上がるとは限りません。

そのため、言われるように「3年生なので通常授業の他に受験対策として違う日に基礎からの英語の授業もあります。それに期待しているのですが・・・」といったあたりに期待することになりますね。

(もちろん、別料金はかかると思いますけれども)

 

参考:英語の勉強法のポイントはこちらも

中学英語の勉強法 ~良い方法&悪い方法~

 

受験対策として行う、基礎からの英語授業の実態

ちなみに、受験対策として土曜日などの別日程で行われる「基礎からの講座」についてですが、本当に基礎から理解してできるようになるようなカリキュラムが組んであることはほとんどありません。

他の教科もその傾向が強いですが、特に英語については「重要な文法事項をさらっと流して終わり・・・」というのが、ほとんどの塾の指導の実態ですね。

もちろん、こんな授業を一斉で行ったところで、もともとできる生徒の復習にはなっても、もともと苦手な生徒ができるようになることは、ほとんどありません。

 

しかも集団授業ですと、生徒によってつまずいているところはバラバラですから、指導にムリ、ムラ、ムダが多くなります。

仮に2時間の授業を受けても、その生徒にとって本当に役に立つのは15分しか無いような可能性もあるわけで、そこをうまくフォローできるだけの指導力を持った先生は滅多にいません。

だからと言って、個別指導が良いと言えるわけでもなく、一般的な学生のバイト講師が英語の苦手な生徒を教えても、苦手な生徒は苦手なままで、もっと苦手意識を強くしかねません。

 

ただ、今回は英語以外でそれだけの点数が取れていて、他教科はまずついていけるでしょうから、入塾時に「英語についてだけはちゃんと面倒をみてもらえるようによろしくお願いします」と言っておくのが良いと思います。

後は、塾の教え方がぴったりはまれば伸びていきますから、その場合は見守れば良いですし、お子さんが「授業が分からない」「ついていけない」と言うようならば、担当の英語の先生に早めに相談しておくのが良いでしょう。

やはり相談を受けると、目をかけてもらえるようになりますからね(笑)

 

参考までに私が教室長だったらどう対応をするかを書いておきますと・・・

(※こちらも非公開にします。専用書庫でどうぞ)

 

参考:基礎を終えて英作文対策をするならこちらも

中学英語 家庭でする英作文の勉強法

 

最後に今日いただいたコメントを読んでの追加ですが、「親が英語が分かるわけではない」「勉強はテスト前だけで、しても15-30分程度」ということであれば、塾に入れたほうが勉強時間は確実に増えますね。

少なくとも塾に行っている時間と、宿題をやっている時間がありますから。

勉強時間が増えることで勉強嫌いになっては意味がありませんが、それは塾の指導方針がお子さんに合うかどうかにかかってきます。

こればかりはお子さんの性格と通われる教室との相性もありますから、一概には言えません。

ただ、もうすぐ中3になる男子生徒となると、親が直接言うよりも塾の先生が言ってくれたほうが素直に聞くケースが多いですから、そちらに期待してみても良いでしょう。

もちろん、信頼できそうな先生が通う予定の教室にいてくれることが前提になります。

 

4月からであれば、最悪合わない場合は夏休みで塾を変えることも可能ですから、一度入れてみて様子を見るのも良いでしょう。

後はお子さんの希望と、予算などとの兼ね合いと言ったところですね。

 

思い切って相談してみて良かったです

とても丁寧なお返事ありがとうございます。
親身になってアドバイスしてくださり本当に感謝しています。
コメント欄は文字数制限で書ききれないのでこちらで失礼いたします。

実力テストと定期テストの5教科合計がほぼ同じなのですが中身が若干違ってまして
実力テストでは数学・理科共に95点以上だったので、それで点数が稼げました。
国語は漢字が苦手なので定期テストでは範囲の漢字を私がテスト形式にして作ってやったもので
勉強するので読解と合わせて80点くらい取ることができます。
そして読解が良い時と良くないときの差があります。
実力テストでは良くなかったうえ漢字もできず60点代でした。
ただ、定期テストではだいたい70点を切ることはないです。
国語でも5段活用などの文法が得意みたいです。
それと社会が苦手教科のもう1つです。
息子は考えて答えを出すほうが好きみたいで暗記が苦手なのです。
(あまり勉強してないことの表れなのですが・・・)

今回の定期テストの社会は問題が簡単だったと言ってたので80点くらい取れたのですが
社会も実力テストでは60点代でした。
そして英語も実力テストでは60点代でした。
同じ暗記教科でも理科は1回目を通すと覚えれると言うのです。
それは興味の違いなのですよね?

今回の定期テストの英語は平均点が低いみたいで難しかったというのはあるようですが
平均の低いテストでも70点を取れるようになると良いのですが。
いつも英語は平均点と同点レベルなので
まだ何とかなると思いたいという気持ちが私にあります。

やはり現在の勉強方は息子にとって合っていないんですね。
次回のテストからやり方を変えてみます。

(途中省略)

今回、楠木塾長さんに思い切って相談してみて良かったです。
入塾してからの塾への対応も参考になります。
お忙しい中、心のこもった文章を書いてくださり
本当にありがとうございました。
楠木塾長さんにネット上ですがお会いできたことを本当に嬉しく思いました。

 

塾長からの返信

こちらこそ、わざわざメッセージをお寄せいただきありがとうございます。

 

英語が平均レベルであれば、まだまだ何とでもなりますよ。

中3スタート時点で20点や30点では、プロがみっちり教えるような形で無いとなかなか厳しいですが、60-70点もとれているならば、自学でも何とかなってしまいます。

ただ、前回書いた方法はあくまでも「定期テスト対策」です。

お子さんくらいの学力があれば、できるだけ今のうちから視点を変えて「入試対策」をしていくことをお奨めします。

 

(途中省略)

 

それにしても、運動部に所属しながらそれなりの成績を維持して、保護者の指導もきちんと受けているのは、なかなか良くできたお子さんですね。

部活終了後の「燃え尽き症候群(?)」さえ無ければ、勉強に身が入って成績も上がっていくと思います。

すんなり切り替わる生徒も多いですが、一番危険なタイミングになることもあり得ますから、そこを一番気をつけて見守ってあげてほしいです。

 

なお、「ワークではできているけど、テストだとできない」は、ちょうど50-70点くらいの生徒によくある現象です。

このあたりを克服するための方法論は個人的にとても面白いのですが、語りだすととてつもなく長くなるため割愛しますね(笑)

 

拙い文章でしたが、参考になったと言っていただけて良かったです。

こちらこそ、丁寧なメッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございました。

 

省略部分も含めた全てのやりとりは「正会員の専用書庫」でどうぞ

 

サイト内で手軽に学ぶ「勉強法ツアー」はこちらからスタート!

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ