最近、学校で非常に多いのが「学習計画表」です。

定期テスト週間になると突然書かされる例の紙ですね(笑)

 

○ 参考:学習計画の前にこれも踏まえておきましょう。

通知表が上がらない理由

 

定期テスト前の、学習計画表の現実

これについては、多くの場合で間違ったやり方をさせられているのが実情です。

実際に、テストが近づくと全員に用紙を配られ、とにかく自分で書くように言われて、書いたものを提出する・・・という、不毛な流れが一般的ですよね。

しかし、普段から計画を立て慣れているわけでもない生徒や、そもそもの「計画の立て方」を知らない生徒に、いきなり自力で書かせても、まともなものができるはずもありません。

確実に生徒には効果が無いのに、むしろ余計な負担が増えるという代物で、先生側の「生徒に計画を立てさせて、自立的に勉強させる指導をしている」という自己満足のための道具になってしまっています。

(もしくは、上からの命令で、嫌々でもやらなければならない義務ですね)

 

○ 参考:計画に組み込むべきでない、間違った勉強法はこちら。

定期テスト(中間・期末)で成績アップする、効率的な中学生の勉強法

 

学習計画表の正しい作り方

本当に意味のある指導とするなら、生徒には「計画の立て方」から指導する必要があります。

計画を立て方を教え、実際に立てるところを見せてあげ、さらに自分で立てさせたものにチェックを入れ、最後にその計画で実際に勉強をさせてあげる。

そして定期テストの結果と、計画と実際の行動のズレなどを比較し、どうすべきだったのかというのを実体験として学ばしてあげる。

 

そこまでして、やっと「次のテスト」から自分で計画が立てられるようになるものです。

要領の悪い生徒だと、それこそ3回、4回と練習が必要ですから、1年間くらいかかってしまうこともあるでしょう。

そうして見につけるのが「計画力」なのですね。

 

それを、ただの思いつきで計画させておしまい・・・では、素人の指導に過ぎず、別に誰でもできるという話です。

そうではなく、計画の立て方から実行、そして反省と修正の一連の流れまでを押さえることです。

そこまでして初めて、将来役に立つ「生きる力」にもつながるわけですね。

 

○ 参考:計画を立てるのが間に合わず、直前に対策をする時はこちら。

定期テスト直前の勉強法

 

学習計画表を作り始める時期

おまけに書くと、この計画をテスト2週間くらい前に書かせる先生がいますが、これも意味不明です(笑)

もちろん、優秀な生徒が相手なら2週間前からでも十分ですが、そんな生徒は別に強制で計画表など書かせずとも、ちゃんと勉強を進めていきます。

一方、勉強が苦手な生徒であればあるほど、根本的なところからやる必要が出てきてしまい、とても2週間前からでは時間が足りず、よほど効率の良い勉強をしないと間に合いはしません。

しかし、たかが定期テストでそこまで効率を重視した勉強法を与えてしまうのは、いわゆるマニュアル人間を作ることになりかねませんから、さじ加減が難しいです。

つまり、そもそもそんなドーピング的な勉強が必須となるような、ぎりぎりのタイミングで計画を立てさせている時点で「作戦負け」なのですね。

もちろん、適切な時間は生徒によってバラバラですが、余裕を持って計画を立てさせてあげたいものですね。

 

なお、本来学習計画というものは、たったの2週間ではなく、1年間や3年間といった長いスパンで、将来を見通して立てるものです。

それなのに、定期テストだけに絞って、直前からの短いスパンでしか計画を考えられない時点で、指導としては完全に不十分と言えます。

そういう意味でも、学校でされている、定期テストに向けた学習計画表とそれに関する指導は不十分なことがほとんどですから、生徒ができていなくても、あまり責めないであげてほしいと思います。

不適切な指導をされて、それができても効果は薄く、それができなくても怒られる・・・ではあまりに生徒がかわいそうですからね。

 

なお、学校でも塾でも、決められたルールやシステムなどがあるため、あえて計画表を書かせないといけない場面もあります。

先生個人がやりたくないと思っても、上の言うことは聞かざるを得ないわけで、そこが組織の難しいところですね。

いずれにしても、こういった計画力に関する部分については、学校や塾だけでは十分な指導が得られていない現状がありますから、足りない部分はご家庭で補うようにされてくださいね。

 

○ 参考:定期テストを教科別に対策するならこちら。

定期テスト(中間・期末)の勉強法[5教科]

 

サイト内で手軽に学ぶ「勉強法ツアー」はこちらからスタート!

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員