• 「文章題のできない生徒は本を読め!」
  • 「文章題ができない場合は、そもそも国語を勉強しなさい」

 

こういったことがよく言われますよね。

生徒や保護者から「文章題の苦手を克服するにはどうしたら?」と聞かれると、真顔でそう答える算数や数学の先生たちはたくさんいます。

あなた(あなたのお子さん)も、そんなふうに言われたことが無いでしょうか?

 

国語のできる生徒は、算数・数学の文章題もできる?

「国語のできる生徒は、算数・数学の文章題もできる」

生徒たちのテストを分析していると、確かにそんな傾向があります。

それを見た先生が、数学にも国語力が必要なのだと思って「本を読め」「国語を勉強しろ」と言うわけですね。

 

しかし、実際に生徒を教えていると、「国語のできる生徒は、算数・数学の文章題もできる」というのは、大まかな傾向に過ぎないことが分かります。

現実には、国語が大の苦手なのに、算数・数学の文章題は問題なくできてしまう生徒がたくさんいます。

反対に、国語の読解はしっかりできるのに、数学の文章題は読み間違えてしまう生徒もたくさんいます。

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

参考:途中式に関する誤解はこちら

途中式は書かないと駄目?

 

国語のできる生徒は、どの教科もできる

実を言うと、そもそもの「国語のできる生徒は、算数・数学の文章題もできる」という分析が間違っています。

ここを正確に言うと「国語のできる生徒は、他のどの教科もできる」となります。

当たり前ですよね、数学に限らずどんな教科だろうと、問題を読んだり答えを書いたりするのは日本語なのですから、国語ができるほうが有利に決まっています(笑)

(このこと自体は、実際にそういう研究報告もある有名な話です)

 

しかし、だからと言って、英語や理科や社会のできない生徒に対して「国語を勉強しなさい!」と指導するような場面はあまりありませんよね。

それなのに、なぜか数学の先生だけは、生徒や保護者から「文章題の苦手を克服するにはどうしたら?」と聞かれると、真顔で「本を読みなさい」「国語を勉強しなさい」と言うのですから困りものです。

もちろん、他の教科にとって国語が必要なのと同程度には「必要」ですが、決して「数学の文章題だけが、特別に国語の読解力が要求される」ということは無いのですね。

 

それでは、算数・数学の文章題にとって、国語の読解力はどのくらい要求されるのでしょうか?

 

参考:国語の読解力を高めるための勉強法はこちら

国語 読解問題の勉強法

 

算数・数学の文章題に国語の読解力は必要なのか?

結論は「必要無い」です。

 

もちろん国語の読解力はあったほうが良いですし、広い意味での「国語力」なら必要です。

しかし、国語力などという曖昧な言葉でお茶をにごすのではなく、このブログならではの切り口でもう少し細かく見ていきましょう。

 

実は、国語と数学とでは「必要とされる読解力」の中身が違います。

 

国語で求められる読解力とは?

国語で求められる読解力は「筆者の主張や登場人物の感情を読み取る力」です。

 

よく読解力とひと口で言いますが、国語における読解の対象は大きく分けて論説文と物語文があります。

(エッセイや古文・漢文はいったん除きます)

 

論説文では筆者の主張を正しく読み取ることが大切です。

しかし入試では、文章見たままではなく真意を読み取る力が試されます。

見たままで解ければ誰でもできてしまいますからね(笑)

そのため、テストでは、ちょっと分かりにくい文章や、論理の展開が大人っぽい(少しカッコつけた)ものが選ばれます。

 

一方、物語文では文章から登場人物の感情の変化を読み取ることが大切です。

分かりやすい文章は「楽しかった」「悲しかった」などと書いてくれるのですが、難しいものだと情景描写やレトリックなどから読み取らないといけません。

こちらは登場人物や筆者の気持ちを感じることが大事ですから、感覚の鋭い子ほどできてしまいがちです。

 

このように、同じ国語の問題でも求められる力はかなり違います。

片方ができても、もう片方ができない生徒がいるのは納得ですね。

ただ、どちらも「書いた人の伝えたいことを正確に読み取る」点で共通しています。

 

それでは算数・数学で求められる読解力はどうでしょう?

 

参考:中学数学のために算数の復習をするときのコツはこちら

中学数学の苦手を克服するための、算数の復習のコツ

 

算数・数学で求められる読解力とは?

こちらはズバリ「与えられた条件や状況を正しく読み取る力」です。

例えば、次のような問題があったとします。

太郎くんが家から郵便局にお使いに行きました。行きは毎分60mの速さで歩き、用事を20分で済ませ、帰りは疲れたので毎分20mで歩いたところ、全部で1時間かかりました。太郎くんの家から郵便局までの距離は何kmでしょう?
(方程式の問題ですね)

こうした時、国語のできる子ほど「1時間かあ、太郎くん頑張ったな~」「郵便局で20分もかかるなんて混んでたのかな?」などと、登場人物に感情移入します(笑)

国語だとこれはこれでプラスなのですが、数学でこれは全く役にたたないどころか、マイナスでさえあります。

 

また、論説文的に読むと「それで何?」「筆者の主張は? 結論は?」「距離なんか求めて意味あるの?」などとなります(笑)

「計算するより、地図見るかネットで検索するほうが早いよね」「帰りが行きの3分の1の速さとか遅すぎ。ありえない!」などとツッコミを入れます。

個人的にこういうツッコミができるのは想像力が豊かで面白いと思いますし、実社会では計算するよりネットで検索できる人のほうが使えるわけですが、残念ながら受験数学ではそうした考えが頭をよぎることさえ時間の無駄です(笑)

 

それでは、どういう読み方が正しいのでしょうか。

「行きは分速60mで、帰りは分速20m。用事を20分で済ませたということは、全体の時間を求めるのに20分を足すのを忘れないようにしないといけないな」
「求めるのが距離だから、行きと帰りの距離をxとして、時間で式を立ててみよう。速さの公式は・・・そうそう、あれだったな」
「あ、いけない。最後が何kmで聞いてるから、解答欄に書くときは単位を間違えないように要注意だな」

・・・と、こういった具合です。

普通の本をこんなふうに読んでいたら、面白くも何ともありません(笑)

 

ここには、登場人物の感情、筆者の主張、そして読み手の感想などの入る余地は一切ありません。

しかし、これはこれで、また違う「読解力」がいりますよね。

 

余分な情報をそぎ落としつつ、書いてある情報を正確に漏れなく読み取り、立式に使えるように翻訳していく。

そして、使えそうな公式や定義などの情報を頭の中から呼び起こし、手に入れた条件と合わせて解く道筋を見つけ出す。

 

これこそが数学に必要な読解力です。

そう、国語とはかなり違うのですね。

※ もちろん、問題の作者がどういう意図でこの問題を出したかを読み取る力もあるほうが良いですが、それは全ての教科に共通することで、読解力というより受験テクニックに近いため、ここでは省きます。

 

いい加減な数学の先生には騙されないで!

このように問われている力が違うのですから、指導も違って当然です。

もちろん、複雑な文章題を解く上では、これ以外にも押さえるべき点(教えるべき点)がいくつかありますから、これだけで十分ということは全くありません。

ただ少なくとも、「国語ができないから数学もできない」などと決めつけるのは力の無い教師の言い訳に過ぎず、いわば怠慢であり暴論ですから、素直に聞かないようにしましょうね。

 

参考:数学の文章題を解く力をつける方法はこちら

中学数学の文章問題を解く力をつけるには?

 

 

現在「勉強法ツアー」に参加中の方は、こちらのリンクから戻れます

サイト内で手軽に学ぶ「勉強法ツアー」はこちらからスタート!

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員