ぺい様から、お寄せいただいたメッセージのご紹介です。

いつもお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

ご相談したいのは塾の勉強のさせかたについてです

たいへん、参考になる記事、いつも読ませてもらっています。
今日、ご相談したいのは塾の勉強のさせかたについてです。

中二の息子は中一のときに通わせていた塾で成績が低迷していたので、この四月より別の塾に転塾させました。
この塾には週四コマ通い、中二の英語、数学と中一の英語、数学のやり直しをしています。
この一週間は中間テスト前ということで、毎日テスト範囲の授業をしてくれています。五教科対応です。

昨日は日曜日で、社会と英語の授業でしたが、まず、社会のテストをし、できなかった問題を問題と答えを紙に五回づつ書くというのをさせられ、勉強の苦手な息子は五十問間違えたので、二百五十回書くはめに・・・
一時から開始され、五時の休憩時間に気が遠くなった息子は、塾から家に帰ってきてしまいました。(歩いて五分の距離なので)
その後、心配した先生から電話があり、私が出向いて荷物を取りにいき、事情を説明。先生は初めはみんなそうなんですよ。書かされるのが嫌になり、覚えてくるようになります。と言っていました。

私はこの勉強方はものすごく非効率だと思います。
特に問題まで五回書くというのは。
プリントを使い(特に学校で配布されている)、答えがかけるようになるまで、何度も繰り返すというほうが、いいのではないでしょうか?
答えまで五回書くのは、間違いが少ない子はいいですが、うちの子のように正解数のほうが少ない。そして、字を書くのも遅くて苦手な子にとって非効率な気がするのですが、先生はどう思われますか?

 

問題と答えを紙に五回づつ書かせる勉強法(指導法)はどうか?

いつもご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。

今回は「勉強のさせ方」とのことですが、どうやらテーマは「家庭でのさせ方」ではなく、「塾でのさせ方」に対する違和感のようですね。

 

今回のご質問が、これから通うつもりの塾や、すでに辞めた塾の場合だったら遠慮なく書けて良いのですが・・・

今もお通いの塾について書くとなると、「指導法や指導方針の衝突」の問題が発生しやすく、少し答え方が難しい部分があります。

そのため、当たり障りの少ない内容から、わざと2段階に分けて書きますから、途中で読むのを辞めずに、必ず最後まで読むようにされてくださいね(笑)

 

できなかった問題と答えを紙に五回づつ書く勉強法はどうか?

まずはプロの視点から見た今回の指導法についてですが、これは普通に「まずいやり方」ですね。

塾としてのやり方なのか、先生固有のやり方なのかが分からないため、塾全体の評価については避けておきます。

しかし少なくとも、まずいやり方を実行に移している時点で、その先生の力量不足は間違いないですね。

 

確かに「書かされるのが嫌になり、覚えてくるようになります」はそのとおりで、そこを許して「勉強するのを何度でも忘れてくる」ような状態で放置するのは最もまずいです。

そのため、決して「不正解」とまでは言えないのですが、比較のため分かりやすく言いますと、今回のようなやり方は「三流」ですね。

これが「二流」以上の先生であれば・・・

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員