こんな面白いキーワードで検索している方がいました(笑)

 

中学校の理科は癖のある内容のため、苦手にする教師も多いです。

実際、高校や大学になると「間違い」「ウソ」と言われるような内容を教える単元もありますし、昔習った内容と全然違う内容になってしまっている単元もあります。

それに、削除範囲が復活しつつありますが、ここがまた難しい内容ばかりでしたから、ますます大問題です。

 

「高校、大学で生物や地学をとっていて、物理や化学はまったくできない」ような、分野単位で苦手意識のある教師も多いです。

また、塾の場合はやむを得ず複数教科を教えなければならない場合もあり、もともと理系で塾教師を目指す人が少ないのも重なって、無理やり理科を担当させられる人も多いです。

そういった事情で、理科が苦手な理科教師や、嫌々理科を担当している理科教師も多いわけですね。

 

ここで先生の駄目出しをしても意味がありませんから、水溶液の話に移りましょう(笑)

先生向けの内容ですが、生徒や保護者の皆様にも少しは参考になるかもしれません。

 

<このコンテンツの閲覧にはログインが必要です>

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員