学校の先生の指導力は、もちろん人によっていろいろですが、「平均」をとれば低いものだと認めざるを得ません。

学校では全く分からなかった生徒が塾だと分かるようになるのは、昔はそれだけで良い塾と言われたものですが、今ではどこの塾でも見られる当たり前の光景ですよね。

学校より塾のほうが、授業が良くて指導力があると言うのは、もはや塾としては最低レベルです。

 

ただ、だからと言って、学校の先生の資質や能力が劣っていると言うつもりはありません。

学校教師は授業以外にもやるべき雑務がたくさんあります。自分がやりたくてやるようなものではなく、「制度だから、学校の方針だから、学年の方針だから」といった理由でしかたなくやるようなものもあれば、部活や行事など、塾とは違った広い範囲での指導や活動が必要です。

塾は塾で営業活動などの業務があるため一概には比較できませんが、少なくとも、学校より塾のほうが「授業準備」がしっかりとできる環境が整っているのは間違いないでしょう。

そして、授業は準備しただけ良くなるものですから、塾のほうが良い授業ができるのは当然なのですね。

 

事実、塾では学生バイトでも分かりやすい授業ができてしまいます。

しかし、その学生が卒業後に学校に入って「超人気教師になった」「すごく分かりやすい授業で生徒や保護者の評判も良い」という話は聞いたことがありません。

実際に塾で人気のあった学生バイト教師や、正社員で数年務めた教師で学校教師になった人を何人も知っていますが、今ではただの「普通の教師」です。

 

もちろん同じ時間準備しても、塾のほうがより良い授業ができる側面もあります。

そのためのシステムや環境がありますし、教材の研究なども進んでいますからね。

しかし、それは裏をかえせば、学校教師には「授業に集中できる環境が無い」とも言えます。

「その他のことをやるべき時間が多すぎる」のですね。

 

また、塾では「教え切れない生徒」は入塾テストなどで断れますし、教えやすいように学力別のクラス編成もできます。

しかし、学校では、塾でさえ断られるような生徒でも、他の成績の良い生徒と同じ教室で教えなければなりません。

何よりも、学校には「退塾」のような、教える側に都合の良いシステムがありません。

 

たまに塾講師や塾経営者で学校の先生をボロボロに言う人がいますが、それは間違いです。

学校の先生も頑張っていて、それでは何ともならない仕組みや環境がある・・・そう考えるのが現実的です。

だからと言って、指導力の低い学校教師の存在が認められるものではありません。

学校でも塾でも、教師はきちんとした指導力があってこその「教師」ですから。

 

学校はそろそろ選択すべき時期にきていると思います。

「勉強を教えるところ」なのか、「それ以外の基本的な教養、素養を身に付けるところ」なのか、はたまた「単に子供を預かるだけのところ」なのかですね。

 

勉強に、部活に、文化活動に、はては家庭でなされないしつけや基本的生活習慣の指導、さらには崩壊気味の家庭のケアや心の病を抱えた生徒のフォローなど、請け負う部分が広すぎるのです。

そのくせ、学力別クラス編成無しの40人学級ですからね。

そこらの大手塾の人気講師がやったところで、成立するのは授業だけで、それ以外は崩壊するでしょう(笑)

 

分野ごとに役割分担をはっきりさせて、例えば教科指導は全て塾に任せたり、部活や文化活動は専門のスクールに任せたりなどと、それぞれの専門家に介入してもらうほうがうまくいくと思います。

もちろん、利権も絡むため難しいですが、今の学校は「全てをやろうとしすぎ、抱えすぎ」の状態ですから、手放すことを決断すべきでしょう。特に、中学校こそですね。

そうは言っても、頭のかたい役人が文科省を支配し、それらのもとで古い教育思想にどっぷりつかった一部の教師が、教育委員会や管理職を支配している現状では、変わるべくも無いでしょう。

やる気のある若い先生や、出世よりも現場を選んだ先生たちが潰れてしまわないことを願います。

 

何でもかんでも学校に求める地域のうるさ方やモンスターペアレンツたち。

ことあるごとに学校の悪口ばかり言う塾などの民間教育機関。

学校の味方は極めて少なく、今や敵ばかりです。

 

そうこうしているうちに、志のある有望な若い教師がやる気を無くし、悪環境に染まっていくのでしょう。

悲しいことです。

 

そしてもちろん、それらの一番の被害者は生徒達です。

これから学校の先生を目指す皆さんは、教師になってから忙殺されて気づくのではなく、時間のある今のうちに準備しておいてくださいね。

そして、体制に押しつぶされること無く、今の情熱を忘れずに頑張ってもらえることを願っております。

 

The following two tabs change content below.
楠木塾長

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員