計算力をつける方法については、対象学年によっても変わってきます。

今回は小学校低学年の場合を説明しましょう。

 

小学校ではよく「百マス計算」が行われていますね。

似たような方法論はいろいろありますが、要するに反復できちんと暗記して使い慣れようというものです。

 

計算力の向上に反復は欠かせません。

ですから、百マス計算が有効であるのは間違いないです。

しかし、ここにも条件(と言うか順番)があります。

何事も対象となる生徒の発達段階に合わせてしないといけないのが学習指導です。

百マス計算を作って毎朝やらせるだけなら、別に素人でもできますからね(笑)

 

特に低学年で計算力をつける際に気をつけるべきなのは「数の感覚を身につける」ということです。

ある偉人が小さい頃に「1+1=1じゃないの? 泥だんごと泥だんごを足すと大きな泥だんごが1つできるよ」と聞いて先生に怒られたという話は有名ですが、これなどはまさしく数の感覚というものをよく表しています。

この子供が大発明家になったように、こういった柔軟な発想ができるのは長所でこそあれ、短所ではありません。

ですから、それを頭ごなしに「1+1=2に決まっているんだ。覚えなさい!」などとやっていては、子供の将来に良いとはとても思えず、数学センスをつけるどころか、想像力などその子の他の才能の芽を摘むことにもなりかねません。

 

しかし、そのままでは日常生活が送れませんから、正すことも必要です。

その場合でも、あくまでその生徒が心から納得してから、次の段階に進むようにしてあげる必要があります。

困ったら「覚えなさい」と口にするような、いわゆる受験勉強で鍛えられた文系思考の暗記型先生では数学センスを身につけることはできないのですね。

 

ただ、数の感覚を言葉にして伝えるのは非常に難しいですし、低学年の生徒に言葉で伝えることは意味がありません。

学校の指導では動物の絵などからはじめて、その後抽象物(おはじきなど)を使って「1対1対応させる」ことを学んでいき、その後おはじきで足し算や引き算を視覚的、感覚的に覚えて、最後は数字(数式)だけで思考や表現をできるようにしていきます。

 

しかし、こうした道筋を通って指導しても、実際のところは限られた時間の中で全ての生徒が授業内で理解できるわけではありませんよね。

表面的な理解でしかないのを、深く理解、納得できていると勘違いしてしまうことも多いですから、家庭なり塾なりでこういったあたりを確認してあげることが、とても大切になります。

 

特に注意が必要なのが、計算はできていて正解もするけれども、数の感覚や式の意味がよく分かっていない生徒です。

操作だけ覚えて本質を理解していない、いわゆるマニュアル人間型の子供が増えていますから、将来を見据えるならじっくり時間をかけて感覚的に落とし込んでおきたいところです。

 

さて、こうして感覚的に教える一方で、機械的な操作もマスターしなければいけません。

 

<このコンテンツの閲覧にはログインが必要です>

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員