塾講師をどうやって選ぶか?

先生・講師の選び方

良い先生に教わることができれば、生徒の成績はどんどん伸びていきます。

反対に、はずれの先生に教われば、成績どころか意欲もどんどん下がっていくでしょう。

ここでは、学校と塾とに共通の、良い先生を選ぶためのコツや視点をご紹介していきます。

 

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員

家庭教師には二種類ある

先生・講師の選び方

家庭教師には、2種類のタイプがあります。 それは「分からないところを教えるだけ」のタイプと、「自分の指導方針のもとに生徒を指導する」タイプですね。 「分からないところを教えるだけ」の典型例は学生バイト派遣型の家庭教師です・・・

生徒にとってベストな先生とは

先生・講師の選び方

ここで良くない教師を駄目出しするつもりはありません。 問題教師が多いのは、最早常識のようになっていますからね(笑)   ここで押さえたいのは、信頼できる優れたプロの教師にも、いろいろなタイプが存在することです。・・・

教科別、塾の良い先生

先生・講師の選び方

(1)英語の良い先生 「楽しく教えてくれて、英語を好きにさせてくれる先生」が良いですね。 英語は言語ですから、まず何よりも使い慣れることが大切です。 そのため、無理に教え込むようなやり方でなく、生徒が英語を自然と使えるよ・・・

教えすぎないことの大切さ

先生・講師の選び方

先生を選ぶ基準はいろいろありますが、まずは何よりも「指導力」を見ましょう。 いくら人当たりが良かったり、学歴が高かったりしても、教えるのが下手な先生は選ぶ価値がありません。 何しろ、最低限の指導力の無い先生は、家の建てら・・・

ページの先頭へ