先日、歯科医院から帰ってきたらしい父が、母にぼやいていました。

邪魔をしないように耳を傾けると、初めは差し歯だった前歯を1本治療しに行っただけだったのが、結果的に健康な歯を3本も抜かれることになってしまったようなのです。

 

実家から一番近くにあるその歯医者は、私が以前行った時にも必要の無い治療を奨められ、それを断った時に捨て台詞のような脅迫めいたことを言われて、「二度と行くまい」と思ったようなところでした。(まさに儲け主義の香りがしたわけですね)

かなり前にその経緯は話していて、もし行くなら違う歯科医院を奨めたはずだったのですが・・・人の言う事に耳を貸さない父だけに(苦笑)、私の経緯は無視して一番近いそこにしてしまっていたようでした。

今から他の歯医者に変えることもできるのかもしれませんが、治療の真っ最中ではさすがに転院もためらわれるようで、父本人がそれを望もうとしません。

母は「腕が悪いのでは?」「他のところに変えたら?」などと言うのですが、父はいつもの怒りっぽさも発揮せず、「もう諦めた」などと言う始末です。

何より、今から歯科医院を変えたところで、抜いた歯は戻って来ませんから、まさに後悔先に立たずです。

 

この話を横で聞いていて、何やら塾選びと似ているなと感じました。

塾も一度通うと途中でやめにくく、なかなか他の塾に変わるという選択はしにくいものです。

それに、変なタイミングで辞めようとすれば、塾から「そんなふうに親が口出しするから成績が上がらない」などと非難めいたことさえ言われかねません。

結局、年度替わりなど区切りの良いところまで通うことになり、手の打てないひどい状態になってしまうような場合もよく見かけます。

いくら何でも「通ったほうが頭が悪くなる」という事は無いと思うかもしれませんが、ヤブ医者にあたれば症状が逆にひどくなり、時には死に至ることもあるように、力の無い塾に通えば「通う前よりも頭が悪くなる」ことも普通にあるものです。

 

塾で教えていた頃は「自分の目の届く生徒をしっかり見よう」と思っていましたが、それで良くなるのは、たまたま縁あって自分のクラスに入ったほんのわずかな生徒やご家庭だけです。

しかし、塾に通っていなくても、反抗期や成績不振で悩むご家庭もありますし、塾に入りはしたものの、まずい塾を選んでしまってどうすれば良いか分からず困っているご家庭もあるでしょう。

それこそ、虫歯のままで放置してひどくなる患者さんもいれば、私の父のように受診した先に問題があって、通う前とは違う問題で悩む患者さんもいるわけですからね。

また、塾は歯科医院と同じで、1度入ってしまうとなかなか他と比べることができませんし、セカンドオピニオンもしづらいですから、たとえそこが悪いところでもなかなか気づくことができず、どんどん事態が悪化してしまう事もあります。

 

ちなみに、父の通っている歯科医院は、私が治療を受けた印象では、決して腕は悪く無く、むしろ良い部類に入ると思いました。ただ、とにかく儲け主義の印象が強かったのです。

おそらく父に対する治療も、治療の内容自体は間違っていないのでしょうが、より儲かる方法を選択しているのだろうと思います。

それが、必要以上に歯を抜いて、処置を増やし、「より丁寧に治療した」と言う状態に持っていくことだったのでしょう。

それはそれで治療の1つの正解なのかもしれませんが、できるだけ歯を抜かずに治療するという形の正解もあったのでは無いかと思ってしまいます。

(少なくとも、抜く必要の無い歯まで抜かなくとも済んだでしょう)

 

塾も同じで、たとえ力があっても非良心的な塾に通ってしまうと、生徒を洗脳するかのようにして高い志望校を設定し、必要も無い追加の授業やオプションを取らせ、「入試で人生が決まる」などと過度の不安を抱かせて、搾り取れるだけ搾り取られてしまいます。

また、短期的に力をつけて満足させ、とにかく合格実績を上げることでより多くの生徒を集め、その結果、土台や地頭を台無しにするような指導を、より多くの生徒に蔓延させてしまっているようなところもあります。

どんな業界でも、儲け主義はあるものですが、中途半端に腕があってずる賢いところほど手に負えないものはありません。

それよりは、腕は無くとも良心的なところのほうが、はるかに実害は少なくて済むでしょう。

影響力が小さい分、少なくともマイナスにはならないのですから。

  • 力があって良心的な塾 :力「10」×方向性「プラス」 =プラス10
  • 力が無くて良心的な塾 :力「1」 ×方向性「プラス」 =プラス1
  • 力が無くて儲け主義の塾:力「1」 ×方向性「マイナス」=マイナス1
  • 力があって儲け主義の塾:力「10」×方向性「マイナス」=マイナス10

式にするとこうなりますね(笑)

 

私自身、歯科治療についての情報や知識が事前にもっとあれば、たとえ強引にでも止めることができていたかと思うと非常に残念です。

同様に、少なくとも塾業界において、こうした実害を減らすために、ブログやメールマガジンが少しでも多くの方に、広くお役に立てるよう願っております。

無用な被害者を減らすためにも、もしお近くにお困りの方やお悩みの方がおられましたら、こんなブログがあるよと奨めていただけましたら誠に幸いです。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

塾でしか勉強しない生徒になってしまう裏側

成績が上がる塾とは?

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員