今回は、塾に入る「前」ではなく、塾に入った「後」で見る、塾選びの話題です。

塾は一度入ると、なかなか辞めづらいもの

塾に入ってから、「この塾を続けるべきか、それとも違うところに変更するべきか」を迷う場面はあると思います。

そして、入る前の時点で「良いところが絞り切れないから、とりあえずここに入ってみよう・・・」という具合に決める人は多いですよね。

ところが「とりあえず」にも関わらず、「気づいたら卒業までその塾にいた」などというのはよくあることです(笑)

 

塾というものは、1度入ってしまうと「このまま続けよう」という方向に慣性が働くものです。

  • 「効果が出るのはこれからかも」
  • 「やめるとさらに成績が下がるかも」
  • 「他にしようにも、良いところが見つからない」
  • 「塾の問題ではなく、本人の問題だから、塾を変えても意味が無い」

などなど、生徒や保護者が自分で考えるにしろ、塾が上手に説得するにしろ、何となくそれっぽい理由はいくらでも出てきます。

続けるほうは惰性でできて簡単で、辞めるほうは勇気が必要で難しいのは、何かお酒やタバコやギャンブルなどと通じるところがありますね(笑)

ですから、スーパーで惣菜を買って「おいしく無かったら、次は違うのを買えば良い」と同じ様な感覚で塾を選ぶのは少々危険なのです。

 

そして、今回はすでに入ってしまった後の話です。

上記のように、塾は「続ける」ほうに慣性が働きますから、「期待したほど成績が上がらないけれど、子供も満足しているようだし、このままにしておこう」と考える保護者の方はとても多いです。

そうなると、「ここであえて波風を立てるのはどうなのだろう?」という思いはあります。

実際、詐欺やカルト宗教などで騙されている人でも、騙されていると気づくまではこの上無いほどの「幸福」を感じていますよね。

そういう人に真実を伝えて愕然とさせるよりも、そのまま騙されたままで人生を全うできるのであれば、そのほうが幸せかもしれない・・・などというテーマもあったり無かったりします。

映画「マトリックス」の世界観では無いですが、真実を知ってしまうほうが過酷な世界が待っていて、後で「戻りたい」と思っても戻れない・・・ということは、世の中にはたくさんありますよね。

 

何やら大げさな話ですが、要するに「今の塾でそこそこ満足している」のであれば、ここから先は読まないでおいてほしいというのが、私の言いたいことです。

せっかく、今の塾に満足とは言えないまでも、それなりに「納得」できているものを、余計な情報を取り込むことで、不信感や不満を感じてしまうのはむしろ不幸なことかもしれません。

 

もちろん、情報を聞いた上で判断することも個人の自由ですし、それ以前に、情報を得るかどうか自体を判断することも個人の自由です。

ただ、入会前の時点では、「入塾金はキャンペーンで割引だし、月謝も1ヶ月くらいなら1-3万円程度の出費で済む」と考えて気楽に入る人が、実際に入会したら「教材費」「維持管理費」などを別料金でとられ、「入ったからには3ヶ月くらい続けてみないと分からない・・・」などと考えるようになって、あっという間に10万、20万が吹っ飛んでしまう現実があることを考えると、「どうせ大金を使うのであれば、良い塾に支払ってほしい」というのが私の願いです。

そういう思いで塾を経営し、または、教師として指導にあたっている先生方も読んでおられると思いますから、そういった方々を応援する意味でも、あえて「本当のところ」を書いていきますね。

 

そういうわけですから、続きは読みたい人だけが読むようになさってくださいませ(笑)

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

塾に1年通って成績が上がらない場合は?

 

塾に入ると、成績はどのくらいで上がるのか?

塾に入った直後から、成績がぐいぐい上がるようなら、全く何の問題もありませんよね。

しかし、実際にそんなことが起こるのは、ほとんどあり得ません。

たまにキャッチコピーなどで「入った数日後のテストで最高点!」「たったの1ヶ月で定期テストが20点アップ!」などというものを見かけますが、常識的に考えれば、それが明らかにおかしいのは分かりますよね。

 

実際のところ、同じテストではなく、別のもっと簡単だったテストと比較したものだったり、結果を捏造したものだったりが少なくありません。

それに、仮に本当に20点上がったとしても、普通は「前の塾の先生の指導成果が今頃出たのかな」と考えるのが妥当ですよね。

そもそも、そんな指導が普通にできれば、今頃その塾の生徒は高得点の生徒ばかりですよね。

何より、世の中にそんな指導法が存在するなら、成績の悪い生徒など世の中に存在していません。

 

ですから、「入った途端、生まれ変わるように上がる」というのは、さすがに親御さんも求めるべきではないでしょう。

(もちろん、ごく稀にいる「もともと潜在能力のある生徒」に「指導力のある教師」か「相性の良い教師」がついて、かなりの勢いで伸びていくことはありますが、あくまでも例外ですね)

 

それでは、現実的にはどれくらいの期間が必要かというと、細かいところは前提条件によっても変わってきます。

  • 週に何回、何時間教えるか
  • 教室授業なのか、個別指導なのか、家庭教師なのか
  • 生徒のもとの学力や状況はどうなのか
  • どの教科で判断するのか

などですね。

ただ、そういった細かいことを無視して、大雑把に言うとすると、やはり「3ヶ月」から「半年」は見てほしいです。

 

ただ、ここで誤解してほしくないのは、「短期的な学力」を上げているのか、「基礎も含めた根本の学力を上げているのか」によって話が変わるという点です。

そして、今書いた3ヶ月から半年というのは、「根本の学力」を上げるのに必要な期間ですね。

 

ただ、これだけだとさすがに大雑把すぎて、実際の判断には少し足りないかもしれません。

ここでは、塾の裏事情などにも踏み込みつつ、引き続きもう少し細かく見ていきましょう。

  • 定期テストの成績を上げるのに必要な期間
  • 根本的な学力を上げるのに必要な期間
  • 自立的に学ぶ力を育てるのに必要な期間
  • 結局、成績で判断するには、いつまで待ってからすれば良いのか?

 

この順でお届けして参りますね。

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

成績の上がらない塾を変えるかどうか迷う時の判断基準

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員