悪徳商法としてもよく使われる「撒き餌」ですが、教育業界でも同じような手法は使われています。

 

正直な話、一般の生徒や保護者の方が、入塾前の段階で、塾の指導力や真価を見抜くのは、なかなか難しいものがあると思います。

現実には、実際に入塾してみて、入試を終えた頃になり、初めて「良かったな」「悪かったな」と感じるものでしょう。

生徒や保護者は教育のプロではないのですから、それが自然ですし、悪いことでもありません。

 

しかし、それがあからさまに分かりやすい「撒き餌」であれば、プロでなくとも避けることは可能です。

なぜなら、あからさまな撒き餌こそが、危険な相手であることを示すシグナルになっているからですね。

 

教育業界で撒き餌が最も上手なのは、大手企業型の「家庭教師(派遣業者)」ですね。

実際の価格を全く出さず、広告に出すのはお試しコースなどの安いものばかりで、いかにもお手軽なイメージを与えます。

そして、「実際もこれくらいだろう」と思って入ると、予想外に高くて驚かされることになるわけですね。

もちろん、悪徳商法のように、利用を強制されるようなことはありませんが、子供が前向きに継続を希望すれば、保護者は多すぎる出費でも、つい我慢してしまうものです。

1体1の家庭教師だからこそ、とりあえず低価格や無料で体験させておいて、子供との関係を作ってしまうと言うのは賢い戦略です。

しかし、やはり撒き餌には違いありません。

 

ちなみに企業系の家庭教師は独立して1人でやっている人よりもかなり割高になります。

ざっと、1.5-2倍程度ですね。

 

相場は地区や学年によってもバラバラなため一概には言えませんが、例えば通常1時間5,000円でプロ教師の授業が受けられるとすると、企業系では1時間8,000円程度かかることが普通にあります。

逆に、同じ5,000円を払っても、先生には時給2000-3000円しか払えないため、「プロ教師が雇えるくらいのお金を払っているつもりなのに、学生バイト講師の指導しか受けられない」という悲惨なことが普通に起こります。

「学生バイト講師のほうが料金が安くなるから」と考えて利用するなら良いのですが、同じ金額を払うのならば、今や誰でもなれてしまう「大学生」よりも、実力が無いと食べていけない「プロ」のほうが良いと思いませんか?

 

ただし、企業系は「合わなければすぐに別の人にかえられる」のがメリットです。

独立系は、その人を断ったら、また1から別の人を探さないといけませんからね。

そのため、企業系の家庭教師を使うのであれば、本当に合う良い教師に出会えるまで、どんどんかえていくのは1つの方法です。

 

ただし、そうは言っても理想の教師はそうそういませんから、まずは指導力よりも子供との相性を重視するほうが良いでしょう。

かえてばかりで、「肝心の指導が進まない」のも意味が無いため、この人と決めたら、後は心中(?)する覚悟も必要です。

 

撒き餌は他にもいろいろありますが、企業系の大きな塾ほど上手ですね。

無料でできるはずがない講習などを無料で行って、後から別のところで回収するのは最近よくある手法です。

(その場合、元を取るどころか、余分に取るのが普通です)

 

逆に小さな塾ですと、身銭を切って良心でサービスしているところも散見できます。

それはそれで経営面が心配で、いつ潰れるかの不安が消えない問題もあって、必ずしも良いこととは言えませんが、少なくとも指導の面では企業化した塾より良いでしょう。

一方で、小さな塾でも、生徒集めに必死になりすぎて、生徒にプレゼントを配ったりするような教育的配慮のかけらもない血迷った塾もありますから、注意してください。

小規模な個人経営の塾ほど、そういった「当たり」と「はずれ」の差が大きくなります。

 

また、家庭教師や個別指導は人件費がかなりかかりますから、無料や格安でやれば、そのコストは他から出す必要がありますよね。

つまり、すでに通っている他の生徒たちの授業料が回されているわけで、普段の授業料が「割高」であることを意味します。

 

塾にとって広告宣伝費は欠かせないため、一定の支出は仕方ありません。

しかし、多すぎるのは授業料の無駄遣いでしかありませんから、そういったお金の使い道にも目を光らせたいものですね。

通っている塾が広告や営業ばかりしているようならば、「もっと生徒の指導に還元してください」と言ってあげてください。

利益にしか目が行かない、最近の大規模塾経営者は、口では綺麗事を言っていても、教育者としては失格だと思います。

 

もちろん大規模塾だからこそのスケールメリットを活かして、素晴らしい指導を行っているところもあります。

一方で、中規模の大手塾や、小規模の個人経営塾などでも、雑な指導をして本当の意味で生徒に力をつけることのできていない塾もたくさんあります。

その一方で、心ある教師の方々が素晴らしい指導をしている塾もあります。

 

生徒、保護者の皆さんは、ぜひそれを見抜く良い目を持って、塾選びをしてくださいね。

そして、心ある教師の皆さん、今は教育に真摯で誠実な人ほど、生き残るのに厳しい時代ですが、ぜひ頑張ってくださいませ。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

塾の面談の裏側と親が聞くべきこと

個別指導塾の夏期講習(冬期講習)の費用と裏側

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員