塾選びに関するメッセージ

このブログをみて、参考にさせていただき親として癒されています。

他県から引っ越して岐阜県で高校受験をめざしているものです。
受験の傾向がかなり違うので、焦っておりました。 成績は中よりちょっといいぐらいですが、
他県では良くてもここで通用するかどうか
塾でなく、家庭の通信教育でやってきましたが
ほとんどやらず山積みに貯めている状態です

最近は反抗期も重なって、いうことも聞きません
どなる声と反抗する声が重なってるのが我が家の現状でした

そろそろ塾にいかせるべきだと思うようになりました。 遅いぐらいなんですけど

今までちゃんとやってこなかった子が
塾を選ぶポイントを教えていただければ
幸いです。

よろしくお願いします。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

学力別に見た中学生の塾選び

 

塾長からのお礼とメッセージ

メッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございます。

塾選びのポイントはいくつもあるわけですが、一番は「はずれの塾を避ける」ことと「その子に合う塾を選ぶこと」だと私は思います。

(一番と言いつつ、2つあるのはお許しください)

 

もちろん、理想を言えば「当たりの塾」を見つけられるに越したことは無いわけですが・・・それが身近に通える範囲で見つかる可能性は極めて低いです。

例えば、当たりの塾として最低基準と言えるのは「指導力」ですが、周囲を見回してみると、塾に入ったのに成績の上がらない生徒が山のようにいますよね。

本当は、将来に役立つ生きる力や見えない力を育ててあげたいのに、成績やテストの点数といった、すぐに上げられる分かりやすい力すらつけられないのが、多くの塾や先生の現実です。

それどころか、定期テストや高校入試だけに偏りすぎた指導のせいで、高校入学後についていけなくなってしまうような役に立たない学力ばかりつけてしまう塾もたくさんあります。

そういった教育業界の現状を踏まえると、利用する側としては、まず「はずれの塾」を引かないようにしたいわけですね。

 

その上で、他のどんな条件よりも重視したいのが、「生徒に合うかどうか」です。

教える側に一定以上の指導力があれば、生徒との相性によるマイナスを補正することができます。

しかし、反対に指導力の低い塾や先生であればあるほど、生徒との相性の影響は大きくなってきます。

そのため、一般的な塾や先生で考える時には、中身の小さな差を比べるよりも、生徒に合うかどうかを見て決めるのが良いでしょう。

 

さて、そういう視点で見ていくと・・・

「ちゃんとやってこなかった子」は、これから塾を利用しようとする生徒のかなりの割合がそうですから、これだけでは塾選びの基準は決められません。

それに「ちゃんとやってこなかった」というのも、あくまでも「親から見た評価」であって、実際にどうかというのは生徒を見てみないと判断できませんしね。

例えば、今回の場合ですと「成績は中よりちょっと良いくらい」という時点で「家では全く何もやらず、提出物も宿題もいい加減で、勉強にも全然ついていけていない生徒」という、普通なら一番最初に思い浮かべるタイプは当てはまりません(笑)

 

ですから、もう少し丁寧に条件を整理しておきましょう。

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

高校受験前の進路指導の裏側と心構え

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員