塾選びに関するメッセージ

先日は丁寧な返信の言葉をいただき、嬉しく拝読いたしました。

ご多忙の中、本当にありがとうございました。

いつもながら、読み入ってはあちこちブログ内をさまよう中学生新米ママです。

通塾はどうかと、ブログを読みながらもかなり迷いましたが、少し変わった教育指針のある学校だけに、今は通塾し数学と英語を取っております。

難関私立高校向けの塾ということで、シリウスやジャックなど愚娘には難易度の高い勉強をしております。ハイレベルなお友達に私立中学にご縁に交じり、ついていくのがやっとかと思いながらも、慣れない中学生活同様、楽しく通っているようです。

これからどうなるかと思っていた矢先、個人懇談がありました。

勉強は自宅でできるものと塾の先生もおっしゃっておられました。
塾は、解法をわかりやすく伝え、教える所、その後の自宅での勉強方法が大切ですということでした。

最初のテストではびっくりするような点でしたが、先生は点数に目を向けるのではなく、回答を見てミスを減らす勉強方法を指導してくださいました。

一番悪かった数学が武器になるという意外なお話・・・

少人数なので丁寧に見てくださっているようで安堵いたしました。

夏ごろまで様子を見ていくことにしております。

少しずつ、難しい年ごろに入ってきました。
子供大人と思い、少し距離をおきつつ、見守っております。

親として成長するのはとても大変だなと思う今日この頃です。

またこれからもよろしくお願いいたします。

みかんのお話、勉強になりました。

季節の折、塾長様もご自愛くださいませ。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

成績が上がる塾とは?

 

塾長からのお礼とメッセージ

メッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございます。

丁寧な返信と言うのは、5月でお送りした「サンプルページへの御返事」特集のことでしょうか。

せっかくいただいた内容ですから、少しでも多くの方々に御返事を・・・と思ってしたことですが、タイミングが少し遅かったですよね。

それにも関わらず、こうしてわざわざお礼のメッセージがいただけて、誠にありがとうございます。

 

塾が対象とする高校のレベルに注意する

通常の公立中学校に通われるご家庭ですと、難関私立高校向けの塾は、本気でそこを目指すお子さん以外には絶対にお奨めできません。

しかし、今回の場合は、特殊な教育指針の学校であることと、そうした塾には珍しく面倒見が良さそうであることから、もしかしたら良い選択なのかもしれませんね。

 

ちなみに、シリウスやジャックは塾用教材として有名なものですが、どちらも通常の指導で普通に使われている教材で、あくまでもその中の「発展編」がハイレベルな内容になります。

それに、私もそうですが、上位クラスの生徒には同レベルの問題を、機会を見ながら適宜与えておられる先生は多いでしょう。

お子さんの学力は分かりませんが、一般的な中学校で最上位に入る程度のお子さんであれば、逆に刺激があって楽しいくらいだと思いますよ。

 

ただ、通常の高校受験には対応していませんから、難関私立を第一志望にしているか、中高一貫校などで高校受験が必要無い場合で無ければ、そちらに偏った指導を受けると危険もあります。

実際、他の塾で1年生からハイレベルな問題ばかり解いていた生徒が、受験直前に基礎学力が全く足りていないことが判明し、本人の希望するランクよりもずっと下の高校にしか入れないといった事もありました。

今回のように、個々の生徒に目を向けて丁寧に指導してくれる塾なら良いですが、ハイレベルな内容を一律に与える大手塾や、自己流の指導に暴走する個人塾などですと、こういったミスマッチが起こりやすいですから、他の読者の皆様は注意してくださいませ。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

学力別に見た中学生の塾選び

 

自宅での勉強が大事だと言うだけで、後は放置する塾が多いことに注意

>塾は、解法をわかりやすく伝え、教える所、その後の自宅での勉強方法が大切ですということでした。

この言葉はまさにそのとおりですね。

いくら塾の授業が素晴らしくても、家庭学習が全く無い状態では、成績の向上は部分的にしか期待出来ません。

もちろん、授業時間だけでも一定の成績向上は可能ですし、それを求められればできるくらいの力が本来プロには必要なのですが、どうしても伸びの幅が限られてしまうことと、短期的なやり方になりがちなため「自立的な学び方」が身につかないことから、授業だけで完結する形では十分とは言えません。

 

ですから、後はその「自宅での勉強方法」をきちんと教えてくれるかどうかが、良い塾かいい加減な塾かどうかの分かれ目です。

家庭学習がしっかりとできるように指導してくれれば、「一番悪かった数学が武器になる」のも現実となるでしょう。

反対に、この言葉を隠れ蓑にして、成績が上がらなかった時に「上がらないのは、親が家庭学習をさせていないからだ」と責任をなすりつけるようなことをするひどい塾も多くあります。

入念に選んだ上でのことでしょうから、お通いの塾は大丈夫だとは思いますが、感謝や感心をしつつも「夏ごろまで様子を見ていく」と言えるような、あまり心酔しすぎること無く冷静でいられるのは、適切な態度では無いでしょうか。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

良い塾の選び方・見抜き方 塾選びの判断基準

 

子供に合わせた家庭学習と塾選びのためのサポートが不可欠

一方で、当然のことですが、家庭学習について「全てを塾に任せきり」と言うのも問題があります。

特に、今回のように入塾の時点で「塾が対象する生徒層」とのミスマッチを承知した上で入れているような場合は、合わない部分についてご家庭でのフォローが絶対に欠かせません。

言い方を変えますと、「一定の不備が生じる可能性もあることは承知のうえで入れている」わけですから、足りない部分は上手に補ってあげてくださいね。

 

ここからは、距離のとり方が難しくなってくる年頃ですよね。

足りない部分を補うと言っても、コミュニケーションが円滑に進まないことや、こちらの言葉が素直に入っていかない場面が増えますから、なかなか思うようにはいかないことも多くなると思います。

そういった場合に参考になるような記事がお届けできるよう、頑張って参りますね。

 

最後に、メールマガジンへのコメントもありがとうございました。

反応が薄かったため、少々問題が難しかったかと後悔していましたが(笑)、いつかまた懲りずに誌上クイズを企画したいと思います。

心のこもったメッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございました。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

親が関わり過ぎると、塾が困る理由

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員