塾選びに関するメッセージ

いつもメールを拝読させていただいております。
どうぞ宜しくお願いいたします。下記、長文失礼いたします。

長男は小学6年生の夏まで進研ゼミを受講し成績も上位でしたが、この時期から生活面に荒れが出始め、進研ゼミもどうしても辞めたいと言い張りました。
反抗期も著しく、家庭(親)のみで学習を支える通信教育には限界を感じ、退講しました。

2学期は学校でも問題行動を起こすようになりました。問題行動とは授業中に騒ぐなどの悪ふざけです。後に学年全体が崩壊していたと知りました。
テストの点数は取れるものの、授業態度が悪く、2学期の通知表は散々な結果でした。

3学期から個人経営の通塾に切り替えました。基本的に真面目な性格なので、塾はサボらず通いましたが、成績は冴えませんでした。
1年ほど通った後、授業中に息子の友達が塾の廻りで声を出し徘徊し、授業妨害だとものすごい剣幕で塾長から連絡がありました。
時を同じく息子も激しく叱られ、後日も退塾を迫るような指導に疑問を感じ、塾側と話し合いをしました。
勉強をできない子を「悪い子」と称する塾に辟易し、息子とも話し合い退塾しました。

その後は**ゼミナールの個別指導に通っています。数学と今月から国語をとっています。英語は知り合いの方に教えてもらっています。
どの教科も通っている割には点数はあまり伸びません。
ですが、講師と相性がいいようです。息子は「数学なら80点頑張ったらとれる!」と言います。
実際とれるかは別として、その可能性を信じられることが素晴らしいと思い、今は静観しています。

テスト前は単語帳を作ってみたり、社会の教科書を見ながら怒ってイライラしたり(笑)できないなりに、勉強しようという意欲はあります。

ただ努力をしても(少ない努力ですが)成果が見えないので本人も戸惑っているようです。

「勉強しなさい」とは言うべきでないことは、貴塾のメルマガで教えていただきました。
子どもに意欲をもたせられるよう日々の言動に注意しよう、ノウハウを得ようと情報を集めていますが、うまく子ども達と接しられません。気がつくと叱ったり、ネガティブな言葉が多く自己嫌悪です。

高校受験は結果が如実にでます。結果も大事なのですが
私が親として大人として一生かけて息子達に伝えたいことは
「前向きな考え方で生きていく方が、人生絶対楽しいよ!」
この受験期を伝言するチャンスにしたいのです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

こんな塾には預けるな

 

塾長からのお礼とメッセージ

メッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございます。

 

通信教育、個人経営の塾、個別指導と様々に変遷されてこられましたね。

それだけしているのに、成績が下がり続けるのは、見ている親御さんとしてもとてもつらいお気持ちだろうと思います。

それに加えて反抗期ともなれば・・・ご心労ははかり知れぬほどでしょう。

一方で、お子さんの意欲が少しずつ改善しているようであり、その点は本当に良かったですね。

 

個人経営の塾の評価

それにしましても、個人経営の塾では不幸な目に遭われましたね。

塾としては評判が大切なため、悪評を呼ぶような生徒はできるだけ関わりたくないのが本音です。

そういう意味では、本当に生徒に問題があるならば、退塾は避けられないことだと言えます。

 

しかし、今回はそうとは思えません。

1年も通っても成績は冴えず、本人が呼んだわけでも無いものを(本人に言うならともかく)親を相手にクレームをつけ、勉強のできない生徒を「悪い子」などと呼ぶような塾であったことは、本当に不運としか言いようがありません。

(同じ教育業界にいるものとして、代わりに謝らせてください)

 

個人経営の塾は、大手には期待できない指導をしてくれる「大当たり」の塾もある反面、とても有料とは思えないような「大はずれ」の塾もたくさんあります。

そして「指導力」と「顧客対応」の2点に関して言えば、「大はずれ」のほうが多いのが実情ですね。

読者の方々も、塾選びの際にはお気をつけくださいませ。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

成績の上がらない塾を変えるかどうか迷う時の判断基準

 

個別指導塾と家庭教師の併用

今は個別指導と家庭教師(?)の併用のようですが、点数が伸びないのは痛いですね。

一方で、講師との相性は大切ですから、そちらはとても幸運だと思います。

相性は「成績」の面よりも、「やる気」の面で重要ですから、おっしゃるとおりもう少し見守ってみても良いと思います。

 

ただ、テスト前の勉強法は、極めて良くない方法をしていそうな雰囲気です(笑)

先日配信したコンテンツの中に「こんな勉強法はもうやめよう」というのがあるのですが、見事に当てはまってしまっています。

まずはブログ内の記事内の「定期テスト対策の勉強法」などをご覧になって、ワークを中心にした勉強法からはじめてみてくださいね。

 

最後の「前向きな考え方で生きていく方が、人生絶対楽しいよ!」のメッセージは、私も全く同じ思いです。

宗教などでもよく言われる話ですが、客観的に見れば、人生はつらいことのほうがはるかに多いものです。

それを楽しく生きられるのは、大脳生理学的な「忘れっぽさ」(笑)と、起こったことを自分なりにどう受け止めるかの「感じ方、考え方」に負うところが大きいでしょう。

そして、受験期はよくも悪くも生徒の心が揺さぶられる時期ですから、こうした生き方のメッセージを伝えるのにも適した時期です。

 

成績をあげることはもちろん、そうした親からの気持ちを伝えるという面でも、少しでもお役に立てるように心していきたいと思います。

心のこもったメッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございました。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

個別指導塾の選び方

家庭教師には二種類ある

 

「こんな塾に息子を預けたくない。大切な息子の教育をしてほしくない。」そう思い決断しました。

いつもお世話になっております。
心待ちにしていたメールマガジン拝読いたしました。
心温まるメッセージを頂き、心から感謝いたします。
特に個人経営の塾の件、涙ぐんでしまいました。

「こんな塾に息子を預けたくない。大切な息子の教育をしてほしくない。」
そう思い決断しました。
しかし日常的にある息子の問題に対応するなかで
真摯に向き合い対応する!そう日々意識していますが
価値観が多様化している現在で、私の中の正論が、必ずしも他者と
共通の正論でない。
何を軸に物事をとらえればいいのか、判断しかねる時があります。
親として私の教育が間違っているんではないかと、自分を疑うこともしばしば…。

メールを拝読し安心しました。
そして最後はやっぱり自分の感覚を信じようと改めて思えました。
ありがとうございます。

勉強法もやはり非効率なんですね。
確かに単語帳は作成のみで勉強をやった気分になってしまい
苦労した割には結果は報われませんでした。
社会もやみくもに暗記しても、歴史の前後が理解できてなければ
ただのワード暗記ですものね。

先日のメールでもありましたが、私は「コーチ」にしかなれません。
コーチングの勉強を、貴塾のブログで研究してみようと思います。
難しいテーマですね。。。
尻込みしてしまいそうですが頑張ってみます!

お忙しい中、御返答いただき本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

塾でしか勉強しない生徒になってしまう裏側

 

塾長からのお礼とメッセージ(2)

心待ちにしてきただき、誠にありがとうございます。

涙ぐませるほどの文章力はありませんから、きっとそれだけ心に大きなものを抱えてこられたということでしょう。

本当に頑張ってこられましたね。

 

>価値観が多様化している現在で、私の中の正論が、必ずしも他者と共通の正論でない。
>何を軸に物事をとらえればいいのか、判断しかねる時があります。
>親として私の教育が間違っているんではないかと、自分を疑うこともしばしば…。

先程も出てきましたが、まさに「揺れる親心」ですね。

価値観が多様化し、たくさんの多くの情報が触れられる中で、昔よりも便利で快適になった面はたくさんあります。

しかし一方で、過剰な情報が溢れる中で、自分の軸を持って過ごす難しさは増し、むしろ迷いや悩みは増えているのでは無いかと感じる面もあります。

 

もちろん、「絶対の正解」などというものは世に存在しないのですが、時に「正解であると信じて進む」ことそのものが、得てして正解を呼び寄せることは、過去の様々な歴史が示してくれていますよね。

何も考えずに決めるのはただの浅慮ですが、自分なりに考えた上で出した結論は、必ずそれなりの価値があります。

まだ悩む時はあるかと思いますが、ぜひ頑張ってくださいね。

 

>確かに単語帳は作成のみで勉強をやった気分になってしまい
>苦労した割には結果は報われませんでした。

勉強の苦手な生徒ほど、作成そのものに時間がかかってしまい、肝心の「覚える」ことに時間を使えないケースが多いのですね。

 

>社会もやみくもに暗記しても、歴史の前後が理解できてなければただのワード暗記ですものね。

そのとおりですね。

ただ、本当に暗記できていれば、ただのワード暗記でもそこそこの得点はとれてしまうのが社会ですから、おそらくは「やみくもに暗記」自体ができていないのだと思います。

 

こちらこそ、メッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

親が関わり過ぎると、塾が困る理由

 

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員