塾選びに関するメッセージ

ブログ等拝読し、親である自分が疑問や不安に思っていた事が紹介されていて自分に向いていると思いました。

小学校時代は、はなまる学習会、高学年では公文で国語、英語を学んでおりました。(公文は継続中)いわゆる塾は未経験で、周りと競う事もなく成績を客観視することもなくここまで来てしまいました。
はなまる時代は算数好き時に文章題や図形問題を我流でといていい気になっておりました。しかし計算問題は大嫌いでした。

中学に上がり計算メインとなり最初から苦手意識が先行し、正負の計算からつまずきました。
子供に付いて久々に勉強を見たときに、勘違いして理解している箇所が発見できたのでその場で指摘し理解させました。
数学の勉強の代わりに、公文で勧められた小学5年生のプリントを中学入学と同時にやらせて、数学の時間が取れなかったと反省し算数は中間テスト後に解約しました。(余計嫌いになった)
案の定数学は中間40点(クラス平均50点)100点満点で、市進という塾でも入塾お断り?で個別を勧められました。
ただ個別の先生は、???なのでプロの方の助言を頂き自分でもう少し、関わりたいと思い登録したく思いました。

学年で最下位グループですが本人がこんなもんだと思わないように、気持ちの上でも軌道修正させてあげたい、と思っております。
今回の中間は何も準備しませんでした。
今後こんな事にならないよう、親も学びたいと思っております。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

個別指導塾の選び方

 

塾長からのお礼とメッセージ

決して放置したわけではなく、いろいろと手を打ってきたのに、結果が思わしくない事態はどうしても起こるものです。

親御さんとしては、とても悩ましいお心持ちでしょう。

 

花まるや公文式は習い事で塾ではない?

ところで、「いわゆる塾は未経験」とあり、進学塾の経験は無いとの意味でしょうが、花まるも公文も完全に「塾」ですね(笑)

(指導方針が違うだけで、やっていることや目指すところは似たようなものですから、塾としての成果を求めて良いと思います)

 

お子さんに、花まるが売りにしている「思考力」が本当についていれば、計算で今は多少つまずいていても、今後の単元(文章題、関数、図形)でぐんぐん伸びていくはずです。

逆に、運悪く思考力もついていないとすると、計算などの緻密な作業を嫌がる習性と苦手意識だけがついたことになるため、今後は苦戦することになるでしょう。

現時点で良し悪しを決めることは難しいですね。

 

一方で、公文式の国語は同様に今後の基礎になりますが、英語はすでに結果が出ていないとまずいです。

「学年で最下位グループ」が数学だけであればわりと手を打ちやすいのですが、英語もとなると少々苦しいですね。

合計点が**であることを見ると、数学だけが特に凹んでいると思って良さそうですから、そうであればおっしゃるとおりに「軌道修正」が重要になります。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

公文式の先取り教育は危険か?

 

中学生に小5算数のプリントをさせる?

公文式の小5算数については、やらせた内容が悪いと言うよりも、タイミングと順序の問題が一番ですね。

ブログにもあるように、中学数学は小学算数が抜けていてもわりと何とかなりますから、まずは中学内容を優先した上で、タイミングを見計らって算数の復習に入るのが吉です。

そういう観点から言うと、公文式の先生がプリントを奨めたタイミングが悪かったですね。

(ただし、計算がすでに嫌いなお子さんには、公文式のような問題数の多い形式の教材は合わないことが多いのも事実です)

 

一方で、お母様が横について見た時に、勘違いをすぐに発見し、しかもその場で理解させられたのですから、きっと教え方が上手なのだろうと思います。

そうであれば、夏休み中に・・・

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

通っていた本人曰く、花まる行っていても・・・

お世話になっております。今回私は楠木塾と出会う事が出来て本当に良かった、ラッキーだったとしみじみ思っております。

中一の息子の数学の成績が呆れる位の有様で、今後の事を模索中の時に迷いや不安を解きほぐす様なブログに出会い、ここだったらとの思いで、正会員にも登録させていただきました。
子供は、メルマガが自分宛に来ているのと、文章が読みやすいせいか、素直に読み親の言うことは聞かなくても先生が言っているからと、長年の手抜きを改めつつあります。

前期は一度も家に教科書は持ち帰らず、宿題のワークは答え丸写し(見たらわかりました)で、数学が全くわからない状態、3者面談も数学の成績に事に一切触れない担任がかえって不気味でして、学校には任せられないと途方に暮れていたのです。

これもお薦め教材を使い3日位付き添って、8割方改善してきました。このままじゃヤバイよ・・なんんてだれも教えてくれません。
それを、講座を読み進めることによって自覚してきたようです。

まだ数日なのですが、本人の自覚に良い変化が見られたので途中報告させていただきました。

 

~先日の花マルの件~

ブログにも書いていただいた花まるですが、通っていた本人曰く、花まる行っていても・・・

 

続きは「正会員の専用書庫」でどうぞ。

 

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

良い塾の選び方・見抜き方 塾選びの判断基準

 

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員