中3の保護者面談で話す内容

中1、中2はともかくとして、中3ともなると、塾の保護者面談も学校の保護者面談もあまり内容は変わりません。

すなわち、通知表、内申、実力テストなどの結果を踏まえた進路指導ですね。

 

ただ、そこでは、高校を偏差値順に上から並べて、今の成績でどこの高校なら入れるか(目指せるか)といった、単なる「数字」の話が中心となります。

一方で、志望校と現在の学力のバランスや将来なりたい職業など、そういったあたりを丁寧に扱うかどうかは担当の先生次第です。

もちろん、進路指導の内容が適切かどうか、その先生がちゃんとした進路指導ができるかどうかも、やはり先生次第です。

 

学校の先生は忙しすぎることや、制度やしがらみに縛られていること、それに、そもそも社会経験の無い人がほとんどであることなどから、塾のほうがちゃんとしている確率が高いと言えます。

しかし、塾でも社会経験の無い先生が増えていますし、営利企業ならではの作為的な怪しい指導が行われることも日常茶飯事ですから、生徒も親御さんも注意が必要です。

 

保護者面談での進路指導の傾向

進路指導の傾向については、学校は「より安全に」が基本ですし、塾は「より高いレベルに」が基本です。

もちろん学校の方針によってはレベルの高い学校を強く奨めるところもありますが、いざ受験間近となると、やはり「行ける範囲の学校」を奨めることが多いです。

一方で塾は、良く言えば生徒の可能性を信じて、悪く言えば塾の合格実績を上げるために、少々無理があっても受けさせようとしがちです。

どちらなのかは良心の部分になってきますが、こればかりは各塾、各講師の心の内面の問題ですから、一概には言えません。

(とりあえず、合格実績を大々的に自慢するようなところほど、後者に当てはまりますね)

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

成績の上がらない塾を変えるかどうか迷う時の判断基準

 

中1・中2の保護者面談で話す内容

中1や中2の時期の保護者面談ですと、もっと幅広い(曖昧な)内容になってきます。

例えば、家庭での学習時間や、部活や習い事関連など、話す内容は先生によって様々です。

できれば、この時期から将来の進路について話をはじめてほしいものですが、実際は中3になってからのことが多いです。

 

 

面談で生徒に夢を聞く先生も

面談中にいきなり「将来の夢は?」などと聞かれたりすることも多いですよね。

しかし、中3でも中1でも、脈絡も無く唐突に夢を聞かれた生徒は、困ってしまって当然です(笑)

 

ちなみに、大人に「あなたの夢は?」と聞いて、答えが返ってくる確率はかなり低いのが現実です。

長年生きて、思考力も高いはずの大人でこうですから、人生経験が少なくて、思考力もまだ発展途上の子供がすらすら答えることを期待するほうがおかしいですよね。

イチローのように子供の頃から明確な夢(性格には目標)を持っている人は極めて稀ですし、ああいった特別な人と同じ事を、全ての子供に期待してはいけません。

 

もともと夢は「語るのが恥ずかしい」と感じやすいものですから、その傾向が強い思春期の生徒を相手に、世間話のように気軽に聞く教師や大人が多いのは、無神経すぎて話になりません。

それに聞くなら聞くで、思春期の子供にとっては話をしにくいかもしれない「親の前」ではなく、もっと別の場所で先に聞いておけという話ですよね。

そういったことを無視して、こちらの都合でいきなり夢を語らせるのは大人のエゴでしかありませんし、無理に聞いても「無い夢を捏造する」生徒が多いです。

夢を聞くにも聞き方があるものですから、教える立場の人間は特に注意してほしいものです。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

親が関わり過ぎると、塾が困る理由

 

面談で普段の授業の様子を聞けるか

面談の中で、普段の授業での様子を聞かせてくれると良いです。

ただ、集団塾では「ちゃんと授業を受けている」「宿題をしっかり出していない」といった程度の話しか聞かせてもらえないのが現実です。

そもそも、ほとんどの集団塾の先生は、子供を1人1人細かく見きれていないですからね。

 

逆に、個別指導塾では、普段から連絡票などでやりとりするのが普通で、面談で話しても今さらといった感じですよね。

そのため、もっと深いところから話し始めるのが本来の姿なのですが・・・実際にはなかなかそうはなっていません。

 

中1、中2の面談についてまとめると、学校にしても塾にしても、集団指導にしても個別指導にしても、いずれにせよ「大した話はしない」のが現実ですね(笑)

これは冗談混じりですが、やはり話す先生によって内容はいくらでも変わるのが本当のところです。

同じ15分でも、非常に多くの学びや発見がある面談もあれば、日頃の悩みが解決して明日からのやる気につながる面談もあります。

単なる雑談で終わる面談もあれば、やる気を無くすようなひどい面談もあります。

 

面談は授業と比べてあまり丁寧に研修されませんし、「営業」を意識したマニュアルはあっても「指導効果」を意識したマニュアルはほとんど無く、教師1人1人の意識にはかなり大きな差があります。

正確には、差があると言うよりも、面談を「とりあえずやるべきもの」「業務の一環」くらいに受け止めており、その先の「普段の指導の不足を補うための、極めて大切な機会」だと認識できていない人がほとんどです。

結局のところ個々の人間対人間のやりとりですから、やはり先生の力量や人間性による部分が大きいと思ってください。

 

より良い先生に恵まれることを願っています。

 

○ 参考:塾選びについてはこちらも。

塾の面談の裏側と親が聞くべきこと

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員