かも様から、メールセミナー 「反抗期の対応法」 のご感想をお寄せいただきました。

大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

反抗期の対応法セミナーのご感想

初めて楠木塾さまと出会い、反抗期ついてのメッセージを読んだときは、一文一文心に響き、涙が止まりませんでした。
いままで誰にも相談できず、主人に相談しようとしても、失業、転職し、毎日がハードでいちいち話を持ってくるなと言われ、苦しい毎日でした。
でも反抗期のセミナーを毎日読み、自分を奮い立たせ、頑張ろうとしていますが、息子は、夜遊び、喫煙、万引き、器物破損と次々に問題を起こし、心が折れそうです。
受験生なのに、成績は落ちる一方で、何を聞いても知らん、わからん、で話もまともにできないことも多いです。そんな中でも
息子のいいところを書いて読んでもらったり、時には、私の話に耳を傾けたりしますが、劇的な変化はありません。行き詰ってます。
その度に、メールセミナーを読み返しています。
頭ではわかっていますが、私自身の行動が伴わないのが実情です。
主人は最近、息子の行動がひどくなってきたので、息子と話したりしますが、いつも疲れてるからとお酒をのみながら愚痴っぽく何時間も話すので、それもまた息子のストレスになっていたり、男だと多少道を踏み外して当然だと息子の行動を助長する発言もあり、とても困っています。
私は今まで真面目にやってきたので、温度差がかなりあります。
自分の子育てがだめだったのかと自責の念にかられます。
このセミナーはそんな私の唯一のお守りだと思っています。
ありがとうございました。

 

塾長からのお礼とメッセージ

子供が小さい頃には、ママ友や公的機関などを含めて、意外と身近に相談できる存在があるものですが、中学生になる頃には、どうしても親御さんは孤立してしまいがちです。

お父様が協力的であれば救われる部分もあるのですが、今は雇用情勢や職場環境も厳しいですから、お互いにストレスを溜めるばかりで、相談し合うことも難しいご家庭は多いと思います。

そうした中で、メールセミナーを励みとしていただけたのであれば、誠に嬉しく存じます。

 

お子さんの状況を読むに、かなり悪化した状態のようですから、親御さんが少し努力したくらいで、すぐに変化を得るのは難しいはずです。

それに、お子さんをそうさせてしまった原因が今までの親御さんの関わり方にもあるはずですから、今まで無意識でしてきた関わり方をいきなり劇的に変えるのは、現実問題として難しいことです。

(なお、お母様の過去の関わり方は分かりませんが、子供がいくつもの問題行動を重ねてから、ようやく重い腰を上げたご様子のお父様は、関わり方もかなりまずかったであろうことが推測できます)

 

ただ、「息子のいいところを書いて読んでもらったり、時には、私の話に耳を傾けたりします」とあるのを見ると、劇的では無いにせよ、変化が現れているようにも思われます。

反抗期がひどい時には、そもそも親が書いたものなど読もうとはしませんからね。

 

そもそも、親御さんをひどく悩ませる状態の時ほど、劇的な改善などはしませんから、「ほんの小さな変化を、時間をかけてでもコツコツと積み重ねていく」という決意と覚悟が親の側に求められます。

もちろん、それを1人で乗り越えるのは大変ですから、身近で話を聞いてくれるような存在がいてくれた方が良いです。

お父様に頼れない事情がおありであれば、他の身内の方や学校の先生、塾の先生なども含めて、解決策までは提示してくれるかはともかく、せめて話を聞いてくれるような存在を身近で探してみてくださいませ。

 

なお、「道を踏み外す」は程度の問題もあり、戻ってこれる範囲内であれば、そういう時期があっても良いわけですが、踏み外しすぎて戻ってこれないところまで行く危険性も常につきまといます。

そのあたりは、現場も見ないでいい加減なことが言えませんから詳細には触れません。

ただ、最後のところを引き止めるのは、やはり(厳しさも含めた)親の愛情であり、お子さんにとってご家庭が帰って来れる場所であるかどうかですから、せめてお母様だけは、お子さんの味方でいてあげてくださいね。

 

そして、おそらくお子さんは、お母様に甘えていると言いますか、お母様が何かを言っても全く聞かない関係ができあがってしまっているような気がしますから、大事なことや、言う事を聞かせたいことについては、先生などに直接言ってもらうようにしたほうが良いでしょう。

お母様のほうは、普段の関わりの中で、お子さんの本音を少しでも引き出し、触れられるようにするところから取り組んでみてくださいね。

そこにお子さんに影響を与えるヒントが隠れているものですから。

 

心のこもったメッセージをお寄せくださいまして、誠にありがとうございました。

 

○ 参考:反抗期の息子との衝突に悩むこんな家庭も。

私は、このメールセミナーとの出会いで本当に救われました。中3の息子と昨年から衝突してばかりで・・・

 

子供にとって我が家があたたかい居場所になるよう努めて行きたいと思います

こまやかなお返事をいただきありがとうございます。ひとつひとつ心に刻み込みながら、がんばろうと思いなおしました。
主人とは意見の合わないことが多々ありますが、学校の先生や主人の両親と話をしたり、ひとりで抱えこまないようにしています。その「相談する」きっかけはやはりこちらのセミナーに出会えたからだと強く思います。ありがとうございます。
子供との関わりも劇的な変化を求め過ぎず、小さいことでも少しずつ積み重ねていこうと、当たり前のことにも感謝して口に出していこうと思っています。
今日は、大好物を作り、「うまい!おかわり」といってくれました。それだけで泣けてきます。食器をキッチンまで運んでくれたとき、「ありがとう」と言うと「うん」と返事。言いたいことは色々ありますが、ぐっと堪え、命令や禁止の口調にならないようにしています。まず、普通の会話を増やそうと思います。
今までの私の子供との関わり方は、確かに口うるさいところもあったと思いますが、ほんの一年前まではすごく仲良しで、父親には言えないことでも私には相談してくれたり、甘えてきたりしてました。ただ、私はどちらかと言うと、生真面目ではみ出たことが許せなかったり、ひとつのことを引きずる傾向にあります。子供は、小さいころから好奇心旺盛で、ムードメーカーとよく言われ、そのたびにひやひやしてました。
私の関わり方が窮屈だろうなと思ってました。
主人も同じように思ってると思います。
だから、主人からすると、そこまで落ち込む私が理解出来ないと言います。
その言葉も私のストレスになっていますが、ここで主人を責めても何も解決しないので、私には私のできること、子供の心の声に耳を傾けることをしていきたいと思っています。
お返事をいただいたので頭の中が、少し整理できてきたように思います。
まずは子供にとって我が家があたたかい居場所になるよう努めて行きたいと思います。
いろんなアドバイスをありがとうございました。

 

○ 参考:反抗期の子供への対応はこちらも。

反抗期の対処法 小学生・中学生の反抗期にどう対応するか?

 

1年前までかなり仲良しだったのが悪化したとすると・・・

周囲の協力を仰がれながら進めておいでなのですね。

メールセミナーがきっかけになったこと、誠に嬉しく存じます。

 

1年前までかなり仲良しだったのが悪化したとすると、原因はお母様の関わり方だけでなく、学校や友人間で何らかのトラブルがあった可能性も考えられます。

第三者的な大人であればともかく、親がそれを聞いてもまず話してはくれないですし、問いただすようなやり方をしてないけないわけですが、もう少し経ってから「実はあの時・・・」と話してくれるようなこともあるかもしれませんね。

外的要因については、親御さんはどうしようも無いですが、ご家庭が温かい居場所であれば、傷ついたお子さんの心も徐々に癒やされていきます。

(反対に、外で傷ついたのを、知らず知らずご家庭でさらに抉るようなことをしてしまうと、状況は劇的に悪化します)

 

好奇心旺盛でムードメーカーとは素晴らしいお子さんですね。

親御さんの性格によっては、そうした子供を危なっかしいと感じてしまうこともありますが、とても素晴らしい特性ですから、ぜひともそれを伸ばして、将来につなげていけることを願っております。

再度ご感想をお寄せくださり、誠にありがとうございました。

 


 

今回、ご感想をお寄せいただいたメールセミナーはこちらです。

「反抗期の対応法 ~中学生の子を持つ親の心得~」

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員