中3の息子が勉強せず、親の言うこともきかず、親に暴力を振るうこともあります。どうすれば改善するでしょうか。

 


 

子供が勉強をせず、言う事も聞かないとなると、ついついきつい言い方になって、口論や衝突を生みがちです。

それでも最初のうちは、親のほうが力関係が強いために、何とか主導権を握ることができるでしょう。

しかし、子供が大きくなるに連れて、口でも力でも逆転するようになり、次第にそうもいかなくなっていきます。

そういったことが何度も繰り返されるうちに、いつしか子供の反発はどんどん大きくなり、ひいては家出、非行、暴言、暴力といったものに発展していきます。

特に、家庭内暴力ともなれば、親として体だけでなく心までも切り裂かれるお気持ちでしょう。

 

ただ、さすがにこれだけしか情報が無い中で、私がもし的確なアドバイスができるようでしたら、もはや神の領域だと思います(笑)

 

基本的に、家庭内暴力が起こるご家庭では、反抗期に生まれる親子間の齟齬や軋轢が、かなり進んでいる状態になっています。

そのため、現在の状況を踏まえるのはもちろんのこと、子供が幼い頃に親や家族から暴力を受けてきたのか、またはそういったことが無いのに暴力をふるうのかや、暴力に至るまでにどうやって子供を追い込んだのか、または追い込んでいないのにそうなったのかなど、最低限の過去の経緯は踏まえねばなりません。

それに、今の状況を生み出すに至った要因が、お子さんと親御さんの両方共に潜んでいることが多いのですが、それは「無意識」にしている言動に隠れていがちなため、より深いところまで見ていくことが欠かせません。

 

そういう意味でも、これだけしか情報が無い(と言うより、全く無い)中ですと、具体的なことは何も言いようがないというのが本当のところです。

もちろん、一般論であればいろいろと書けはしますが、問題が大きい場合ほど一般論では通用しないもので、やはりご家庭ごとの様々な経緯や事情を踏まえねば、上辺だけをなぞるような話にしかなりません。

これは、就寝前にメイクを落とす時に、表面のパウダーを手で払うだけでは意味が無く、クレンジングを使ってしっかりと落とすようにしないといけないのに似ていますね。

そして、忙しい時には拭きとりシートで済ませるかもしれませんが、ここでたったの一文で相談する行為は、拭きとりシートにすらならないというわけです。

 

ただ、ご説明が少なかったのは遠慮や気兼ねもあったからでしょう。

または、問題が複雑ゆえに、書くことがありすぎてうまくまとまらない状況だからこそ、一文で送らざるを得なかったかもしれません。

もしも文章にはしづらいということであれば、まずは学校の先生か、公的機関が提供している無料の電話相談などをご利用されて、いったんご自分の思いの丈を吐き出してみてはいかがでしょう。

そこから改めて問題点を整理した上で、基本的な方向性をアドバイスしてもらい、ご自身だけでなく(ここが重要)一緒に問題解決に向かってみてください。

それで解決すればもちろん良いですし、そうやってある程度まで論点が明確になってこれば、改めて文章にすることもしやすいかなと思います。

 

なお、暴力まで問題が発展するご家庭では、親子関係のバランスを示す針が一方向に振りきった状態になっていると言えます。

そのため、当事者だけで問題を解決しようとするよりも、間に中立的な立場の第三者を入れるほうが、改善の可能性は高まります。

そういう意味でも、改めてメールでご相談いただくのももちろん良いですが、まずは身近で直接お子さんと対峙してくれる存在を見つけることを第一に目指してみてくださいね。

 

以上、いただいた情報の範囲では、さすがに何ともお答えのしようがないため、いったんこの形での御返事とさせていただきます。

ただ、たとえ時間はかかるとしても、親御さんが関わり方を変えることで、お子さんの反応も必ず変わるのは間違いありません。

特に、反抗期対応の基本的な部分は変わりませんから(むしろ、もっと基本を丁寧にやることが求められますから)、よろしければ他の記事や無料セミナーなども参考にされてくださいね。

諦めることなく、上記のようなことから取り組んでみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員