子供の年齢差はあっても、親が子供の状態に応じた対応を自覚出来れば、何ら問題ないない事にも改めて気づく事が出来ました

リィママ様から、メールセミナー 「反抗期の対応法」 のご感想をお寄せいただきました。

大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

反抗期の対応法セミナーのご感想

私は美容師をしながら、中1と小1の二人の娘を育てています。

私もですが、お客様には思春期のお子さんの悩みを持つ方が沢山居るので、このセミナーを通して学ばせて頂いたことは、皆さんにお伝えしようと思って居ます。

 

私も以前はガミガミ言ってたけれど…現在は長女は信頼してくれて、自分のやるべき事にしっかり取り組んで居ます。

次女も、お姉ちゃんの姿を見て、宿題やお手伝いをしたり、外でお友達と思いっきり遊んだりしてます!(^^)!

子供の年齢差はあっても、親が子供の状態に応じた対応を自覚出来れば、何ら問題ないない事にも改めて気づく事が出来ました。

本当にありがとうございます!

 

塾長からのお礼とメッセージ

メールセミナー「反抗期の対応法」のご感想をお寄せいただきまして、誠にありがとうございます。

 

難しくなる年頃のお子さんを相手に、ガミガミママの状態を脱して信頼を掴み取られたのは素晴らしいですね。

上のお子さんがしっかりされた姿を見て、下のお子さんも良い行動をするようになるなど、ご姉妹間での善循環も起きているのも理想的です。

結果だけ見れば簡単なように見えますが、日々の家事やお仕事もこなしながらの中での改善には大変な部分もきっと多かったでしょうから、本当に良く頑張られたと頭が下がります。

 

おっしゃるように、年齢差をプラスにするのもマイナスにするのも、親御さんの関わり方次第だと私も思います。

もちろん、現実にはそこ(=子供の状態に応じた対応)がなかなか難しいわけで、うまくやられているのはお見事です。

また、読まれたご本人はもちろんのこと、お仕事のお客様にまでお役立ていただけるのも嬉しいですね。

そちらもそちらで「伝え方」がなかなか難しいと思いますが(笑)、身近なところから幸せの輪を広げていってくだされば誠に幸いです。

 

嬉しいご報告をいただきまして、こちらこそありがとうございました。

 


 

今回、ご感想をお寄せいただいたメールセミナーはこちらです。

「反抗期の対応法 ~中学生の子を持つ親の心得~」

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員