以前より落ち着いて深く話し合う機会が増え、学習面では苦手で20点台だった数学も、自ら塾を志願し、納得いくまで付き合ってくれる先生に巡り会い自信を持ち始めています

よち様から、メールセミナー 「反抗期の対応法」 のご感想をお寄せいただきました。

大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

反抗期の対応法セミナーのご感想

こんばんは
中学に入り戸惑いなのか反抗期なのか、少し様子の変わった娘に困っていた頃にこのサイトに辿り着きました
反抗期の対応、成績アップのメールセミナーを拝見し、母として自分を振り返り、恥ずかしくなりました
小さい頃に強制を感じさせず導いていくかで学習習慣がつくかどうか決まるように思います
我が家は中1女、小4女、小2男と居ますが、中1の子に学習習慣を付けてやるべき小学低学年頃に、私は下の子の世話でてんてこ舞いでした
年相応の甘えを許さず厳しく、言うだけで手はかけず…依存させず、寄り添わず、もちろん自立できず、です
ただ支配強制だけをしていたので、そりゃ子供は反抗しますよね (笑)
まだ私も手探りですが、自分勝手な理想の中1像は取っ払い、彼女らしくあれば良いのだと思えるようになり、「寄り添う」からやり直しました

すると以前より落ち着いて深く話し合う機会が増え、学習面では苦手で20点台だった数学も、自ら塾を志願し(心配でしたが本人の自覚がないと無駄だと思い行かせてませんでした)、納得いくまで付き合ってくれる先生に巡り会い自信を持ち始めています

点数や順位ではまだまだで、学ぶ基本姿勢がようやく出来てきた我が子、次は何にぶつかるのか?
保護と干渉を減らし、でも適度に保護干渉して見守りたいです
色んな角度から子供を見れるようになったのは先生のおかげです
ありがとうございます

 

塾長からのお礼とメッセージ

当時は一番下に初めての男のお子さんが生まれ、親御さんにも不慣れな点や戸惑いが多かったことでしょう。

そうした中でてんてこ舞いになるのは、状況的にしかたのない部分もあったはずです。

人は状況や周囲の他人を恨みこそすれ、なかなか自分の責任を省みることができないわけですが、こうして気づいたそばからすぐに改善し、実践されておいでなのには、本当に頭が下がります。

 

「小さい頃に強制を感じさせず導いていくかで学習習慣がつくかどうか決まる」は、まさに端的に要点をついたご指摘だと思います。

いくら学習習慣をつけても、強制を感じさせてしまうと、反抗期に入った途端に崩れてしまうことが起きやすいですからね。

(ただし、小さい頃の習慣づけを逃したからと言って、それで全てが終わりということも無いです)

 

また、反抗期になると「口や手は出さずに目をかける」ことが求められるため、できればそれまでのうちに「口だけで無く、目も手もかけてあげる」ことをしておくと良いのですが、「言うだけで手はかけず」になるご家庭が多いのもそうです。

年相応の甘えを許すことの大切さもそうなら、自分勝手な理想の中1像を取り払うこともそうと、大切な言葉や指摘ばかりが並んでいて、お母様自身がしっかりと学び、その上で実際に改善に取り組まれておられることが、とても良く伝わってくるメッセージでした。

 

そんな親御さんの努力があったからこそ、お子さんの変化がわりと早くに現れて、良い方向へと動き出したのだと思います。

そして、不思議とそうした時ほど、良い先生との縁や運などにも恵まれるものですよね。

私のおかげとありますが、ひとえにお母様の頑張りや努力や工夫があったればこそだと思いますよ。

そうなるためのきっかけとして、メールセミナーを有効にご活用いただけたこと、私のほうこそ感謝させてくださいませ。

 

まだまだこの先も山あり谷ありだと思いますが、ぜひこれからも色んな角度からお子さんを見守り、過保護でも放任でも無い、適度な関わり方で力になっていってあげてくださいね。

心のこもったメッセージをお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。

 


 

今回、ご感想をお寄せいただいたメールセミナーはこちらです。

「反抗期の対応法 ~中学生の子を持つ親の心得~」

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員