次男はまだ、反抗期ではありませんが、現在の親としての子どもとの関わり方から始まり、将来のことまで、本当に丁寧でわかりやすく、やさしいお言葉が心にしみわたりました

ちゃーちゃん様から、メールセミナー 「反抗期の対応法」 のご感想をお寄せいただきました。

大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

反抗期の対応法セミナーのご感想

毎日先生から届くメールを読んで勇気をもらっていました。

 

来年大学受験、中学受験をする二人の息子を持つ母親です。

我が家は主人の仕事柄転勤が多く長男は地方都市で中学受験、関東で高校受験をしました。

現在小学校6年の次男は関東で中学受験をすることになり、小学5年の終わりごろから通塾を始めましたが、宿題や授業の多さに親である私の方が厳しい現実に不安と焦りを覚える毎日でした。

長男はのんびり、じっくり成長していったのに、次男は熾烈な中学受験で毎日、夜遅くまで勉強させてしまうようなこんな育て方をしてよいのかどうか迷っておりました。

そんな折、偶然にも先生のホームページにヒットしてメールセミナーを申し込みました。

 

次男はまだ、反抗期ではありませんが、現在の親としての子どもとの関わり方から始まり、将来のことまで、本当に丁寧でわかりやすく、やさしいお言葉が心にしみわたりました。

心底知りたいことを教えてもらえました。

ここまで、良心的なセミナーは未だかつて出会ったことがありません。

先生のメールの実践できるところは始めております。

こんなすばらしいメールを無料で提供してくださる先生はきっと素敵なお方なのでしょう。

近ければ、私から出向いてお礼に伺いたいところですが、この場を借りて深く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

先生からいただきました、メールは永久保存版にします。

 

塾長からのお礼とメッセージ

過大なご評価をいただき光栄です。

とても堂々とお見せできるような大した人間では無く、恐縮するばかりです。

出向いてお礼などとありがたいお言葉をいただけるだけでも、作成した甲斐がございました。

ここまでお褒めいただくと、恐縮すると言いますか、逆に申し訳なくなってしまいますね(笑)

 

住む地域が大きく変わることで、受験や子育ても大きく変わりますよね。

特に、中学受験は地域によって競争の激しさや質がまるで違いますから、急激な変化で本当に大変だったことと存じます。

 

その一方で、厳しい受験戦争を勝ち抜いたからと言って、良い教育環境が待っているとも言い切れない現実もあります。

また、幼い内から追い立てられる環境の方が伸びる子供もいれば、のんびり、じっくり成長できる環境の方が伸びる子供もいて、必ずどちらが良いなどとは言えません。親御さんとしては余計に悩まれることでしょう。

そうした中でも、子供の自主性ややる気を引き出すような関わり方であれば問題は少ないのでしょうが、つい「強制し、押しつける」ような関わり方に偏ってしまうご家庭は多いです。

もちろん、そうしたやり方では知識がつく代わりに、もっと大事な何かを失ってしまうこともありますし、勉強ではうまくいっても、反抗期がひどくなってしまうこともあるものです。

 

あくまでも、反抗期対応と言う視点でのメールセミナーでしたが、少しでも参考にしていただけたのでしたら誠に幸いです。

また、今後もお役立ていただけるような情報提供を心がけて参りますね。

 

心のこもったメッセージをいただきまして、本当にありがとうございました。

 


 

今回、ご感想をお寄せいただいたメールセミナーはこちらです。

「反抗期の対応法 ~中学生の子を持つ親の心得~」

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員