風間 様から、メールセミナー 「反抗期の対応法」 のご感想をお寄せいただきました。

大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

反抗期の対応法セミナーのご感想

「反抗期の対応法」、ありがたく読ませて頂きました。

まず始めに、感謝の気持を伝えさせて下さい。

こうやって子供の成長の為に大切な情報を、また、そう願っているのに子どもの成長をうまく引き出せてあげられない親の悩みを解きほぐすヒントが満載の情報、相談場所を無料で沢山の人が手に入れられる場を準備してくださっていること、本当にありがとうございます。

うちの娘は中1で、かなり素直な方だと思われます。

反抗期、と言うほど極端な反抗的な行動はないのですが、ここ半年ほどで、明らかに親に対する態度は変わって来ました。

ひと言で言ってしまえば、「自分の気持を第一に動くようになってきた」のです。

親の私からすれば、「言うことを聞かなくなってきた」部分が大きのですが、見方を変えれば、「子どもが自分の判断で動けるようになってきた」わけで、成長の証でもあるのだな、と受け止めることもできます。

ただ、それを理屈では分かっていても、こちらの思うように動いてくれないことが重なると、イライラしてしまうこともあります。

よく考えてみれば、そういう時は自分(親)の方の状態(心や体)が整っていない時なのだなと、分かって来て、まずは自分の状態を整えなければ、とこれまた難しい課題に突入している現状です。

 

そんな中、こちらのメール講座を受講して、再度子どもとの関係を見直す機会を頂きました。

  • 指示・干渉を少なくし、相手の長所を見る。
  • 相手の立場にたって話を聞き、相手の気持に共感する。

の2つはちょっと前から意識して生活するようにして来ましたが、今回さらに、

  • 信頼し、任せる
  • 認められる
  • 本音を聞き出す

ことを学ばせて頂きました。

特に、「信頼し、任せる」については、

>信頼できる人間だけに任せていたら、いつまでたっても人は育ちません。
>信頼できるから任せるのではなく、任せるから信頼できる人間に育つのです。

というところがとても心に残りました。

頭では分かっていても、どうしても任せておけずに口を出してしまうことが多少ならずもあるのですが、できなくても今は経験から学ぶ過程にあるのだ、ということを常に頭に置いて、信頼出来る人間を育てているのだ、と見守って行く事に徹したいと思います。

 

ただ、ただただずっと見守っていればいいのか、という疑問がいつも出てきてしまいます。

例えば勉強についてなどは、やりたい気持があってもやり方が分からなかったりすることもあるでしょうし、塾長さまも「いつかやるだろう」で放って置くことが最善策ではないということについてはどこかで触れられていたように思います。

どこまでが干渉でどこからが必要な手助けになるのか、その辺の区別にまだ迷うことが多く、また、そこに一貫性が置けないことが子どもとの摩擦につながっているように思います。

今後はその辺を重点的に学んでいきたいと思っております。

(ブログの過去の記事はだいたい全て読ませていただいたつもりなのですが、どこかにヒントになるような話がありましたでしょうか?)

 

今後共よろしくお願い致します。

 

塾長からのお礼とメッセージ

まずはご丁寧な感謝のお言葉をいただきまして、誠にありがとうございます。

「そう願っているのに、子供の成長をうまく引き出せてあげられらない親の悩み」は、本当に深いものですよね。

教師も同じなのですが、想いや願いの強さだけでは問題は絶対に改善しません。

特に厳しい状態の生徒ほどそうで、正しい知識と必要な技量を身につけ、生徒の心身の状態と周囲の環境を整え、最も適したものをより効果的な形で生徒に提供し、実際に実行させるところまで面倒を見て、ようやくわずかな成長が引き出せるものです。

もしもブログやメールマガジンが、その悩みを少しでも解きほぐすお役に立てているとすれば、誠に幸いです。

 

反抗期、と言うほど極端な反抗的な行動はないとありますが、「自分の気持を第一に動くようになってきた」のも、まさに反抗期の特徴ですよね。

子供の言うことの中にはやはり理不尽なわがままも多くありますから、イライラしてしまったり、衝突してしまったりするのも当然のことだと思います。

全てが自立に向かう行動であれば我慢して見守るべきですが、必ずしもそうでは無いですから、そのあたりが難しいところでもありますよね。

 

○ 参考:軽い反抗期や、反抗期が無い子供についてはこちらも。

反抗期がないと将来不安?

 

そうした中で、親御さんの状態を整えることの重要性は、まさしくそのとおりだと思います。

そういったより踏み込んだ話については「続・反抗期の対応法」でも触れていますが、親御さんが改善の努力をすればするほど、必然的に湧いてくる新たな課題とも言えます。

ただ、子供を「素直で反抗も少なく、それなのに自分の意見を持って自立し、さらに勉強も前向きに頑張り、成績も上がっていく」ような状態に導きたいと思えば、当然それに見合ったレベルの高い関わり方が求められて然るべきですから、親も学ぶことが増えるのは避けられません。

状態の悪いお子さんの親御さんほど、とにかく「子供に変わってほしい」とだけ願うものですが、変わるべきは子供だけでは無く親御さんもですよね。

そこに気づけないからこそ、お子さんの状態も悪いままであるということもよくある事です。

子供だけに責任や変化を押しつけるようなことをしないことも、親としての大切な心得ですね。

(風間様については、かなり深く読み込まれており、また、メールセミナーを読まれる以前からご自分でしっかりと学ばれておられるようですから、そういった心配は無いと思います)

 

また、物理的な状態については、学校や塾などに頼らざるを得ない面がありますが、心の状態については、少しでも癒しや息抜きとなるような内容を提供していければと思って作成したものでもあります。

日々のブログやメールマガジンについても、それだけで根本解決できるようなものとは全く思っておりませんが(子育てや教育は、それほど浅くありませんからね)、他のご家庭の事例を読んでいただくことや、改善のためのちょっとしたヒントを得ていただくことで、気づきや共感を得て、それが癒しや明日への力となれば・・・という思いで続けております。

そういう意味で、もし少しでもお役に立てたとすれば誠に幸いです。

 

最後に、「ただただずっと見守っていれば良いのか」については、「もちろんそんなことは無い」が答えとなります。

完全に自立した相手であれば「見守る」だけでも済みますが、そこに至るまでは、もちろんそれぞれの段階に応じた関わり方を経ねばなりません。

それをしないで、ただ見守るだけでいる状態を、私は単なる「放置、放任」だと思います。

すなわち、何の力も育てないで「いきなり見守る」のでは無く、適切な段階を踏んで成長の階段をのぼり、最終的に「見守る」の段階に移行していくことが必要なわけですね。

 

例えば、「なかなか自分から勉強しようとしない」と嘆く親御さんは多いですが、「自分からやるやり方や考え方を教える」「自分からやろうと思えるようなモチベーションを与える」こともしないでいては、それこそ何か偶発的なことでも無い限り、自分から勉強するようになるはずがありません。

最初から見守るだけで育っていくのはごく一部の例外的な生徒だけで、普通のご家庭ではやはり徐々に関わり方を変えながら、成長を後押ししていかねばならないのですね。

 

こうした「段階に応じた関わり方」は、仮に文章にすると大変な情報量になりますし、さらに、言われるように「どこまでが干渉で、どこからが手助けになるのか」というのも大変判断が難しい話題になってきます。

実は、全く同じ行為であっても、生徒の現状や成長段階によって、それが干渉になるか支援になるかは違ってきますからね。

ある子には手を貸すべきではない事柄でも、別のある子には絶対に手を貸すべき場合もあります。

マニュアル的に「こういう行為はこうです」とは絶対に言えないわけですね。

(それを無視してしまうから、巷の教育書はちぐはぐなものが多いわけです)

 

ですから、本質をついたとても良い疑問なのですが、良い疑問だからこそ、簡単にお答えするのは難しいです。

もちろん、ブログやメールマガジンの中でも、実際のご相談事例の中などでは、そういったエッセンスが部分的に含まれていますから、そういったところは参考になるでしょう。

ただ、そのエッセンスを見つけて抽出することは難しいはずですし、さらに応用させて自分のお子さんに適用することはますます難しいでしょう。

言ってみれば、医学書だけを読んで自力で病名と治療法を特定しようとするようなもので、それができる人もわずかにはいるでしょうが、現実的には医者に相談したほうが早いのと同じです(笑)

 

○ 参考:自立を促すために必要なステップの詳細はこちら

やる気と自立心を育てる、反抗期の関わり方の極意

 

ただ、それをしてくれる塾や教師がなかなか身近に見つからないのも現実としてあります。

何しろ、干渉と必要な手助けの境目を意識した指導をするどころか、干渉のしすぎで生徒を依存させてしまう塾や、段階に応じた指導どころか、目の前のたった10点すら上げられない教師のほうが多いのが現実ですからね。

そういう意味でも、ブログやメールマガジンを通じて一般論や事例に触れながら、日々の関わりに活かしていっていただければ幸いです。

 


 

後日追記

※ 「どこまでが干渉でどこからが必要な手助けになるのか」については重要なテーマであり、ご質問の頻度も高いところです。そこで、メールセミナーのバージョンアップに伴い、セミナー内でもう少し分かりやすく触れるようにしました。

※「段階に応じた関わり方」のもう少し具体的なところについては、マニュアル的ではない書き方にすると、どうしても情報量が大きくなってしまうため、正会員コンテンツに譲らせてください。

 


 

今回、ご感想をお寄せいただいたメールセミナーはこちらです。

「反抗期の対応法 ~中学生の子を持つ親の心得~」

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員