自分もかつては中学生だったはずなのに、その時はついこの前だったような気がするのに、はっと気がつくと歳を取って忘れてしまったことや、そういえばそういう風に思ったことがあったよなあ・・・としみじみしながら読ませていただきました。

なおくん 様から、メールセミナー 「反抗期の対応法」 のご感想をお寄せいただきました。

大切にお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

反抗期の対応法セミナーのご感想

反抗期セミナ-を受講させていただき、ありがとうございました。

私は小6(長男)、小2(長女)、4歳(次女)の3人の子どもの母ですが、すでに長男は反抗期の入り口です。
長男は、今までは宿題も、逆算してぎりぎりのところまで手をつけずに粘って何とか間に合わせるという瀬戸際作戦ばかりでした。しかし、この夏休み前にお友達の影響なのか、急に「中学受験をしたい」と言い出して、私はひっくり返りそうになりました。

今までは塾も行かず、学校の成績も忘れ物もあまり気にせず(でも、大体は理解している様子の点数ではありましたが)、その君がですか!と、非常に動揺しましたが、どうやら本気のようなので、夫と私と長男で話し合い受験することにしました。
でも、そんな予定は考えていなかったため、受験までは塾無しでがんばることが条件での長男へのGOサインでした。

私が以前に中学校講師(数学)の経験があるため、長男の勉強についても手を貸せることがあることがかえってよくなかったのか、夏休みの最初は長男との関係がギクシャクしてしまい、先が思いやられる気がしました。そんなとき、このセミナ-に出会えて本当に良かったです。

中学生の気持ちを理解するのに、なるほどなあ~・・・と思うところがたくさんありました。自分もかつては中学生だったはずなのに、その時はついこの前だったような気がするのに、はっと気がつくと歳を取って忘れてしまったことや、そういえばそういう風に思ったことがあったよなあ・・・としみじみしながら読ませていただきました。

それからは長男に対しても、少し冷静に、一つの人格としての彼を客観的に見られるようになった気がします。長男も毎日の受験に向けての勉強を、1日のうちのどこかでは必ずやり終えようという姿勢が見られ、私が言わなくても机に向かうようになりました。

まだ受験日までは先が長く、私も中学受験の指導は始めてですから手探りでの毎日ですが、今回の受験が長男との信頼関係をより強くすることができる教材となりますように、と、前向きな気持ちで毎日を過ごしたいと思います。

これからの本格的な独立期を迎える前に、このセミナ-を受けられたことを、心から感謝いたします。
ありがとうございました。

 

塾長からのお礼とメッセージ

丁寧なご感想をお寄せいただきまして、誠にありがとうございます。

突然の中学受験ですから、戸惑いも大きいと思います。

しかし、ご両親だけでなく、お子さんも交えてきちんと話し合って決められるのは素晴らしいですね。

 

塾無しでとなると、難関校などは現実的にかなり厳しいはずですが、受験の合否よりも、挑戦することそのものに意義があると思います。

それに、下手な塾に入れて燃え尽き症候群になっても困りますしね。

本人があまり「合格」にこだわりすぎると、受かっても落ちてもマイナス面が大きくなりますから、ぜひ「過程」の大事さにも意識を振り向けてあげてくださいませ。

 

また、中学校での指導経験がおありとのことで、元プロの方にお読みいただくとは恐縮です。

ただ、おっしゃるとおり、親御さんが子供の勉強に口出しをすると、たとえ指導力がある場合でもいろいろと問題が起こりがちです。

それをゼロにすることは難しいにしても、極力防ごうと思ったら、教え方のうまいへたよりも、心がけや関わり方のほうが重要になってくると思います。

そういう意味でも、参考にしていただけましたことは誠に幸いです。

 

○ 参考:教えるプロでも、自分の子供の反抗期対応は別で学ぶほうが良いです。

反抗期の子育ての学び方

 

反抗期は自立のサインですから、それまでの子育てで過保護や過干渉をしてさえいなければ、そこで適切な距離を置くことで、自ら進んでやるようになるものですよね。

ただ、それまでに過保護や過干渉をしていた親御さんが、適切な距離を置くどころか、突然「放置や放任」してしまう方も多いのが残念なところです。

ですから、今回のように良い変化が現れたのは、まさしくお母様の日頃の関わり方が良かったからこそだと思いますよ。

「今回の受験が長男との信頼関係をより強くすることができる教材となりますように」とのお言葉、まさにそうなればと願っております。

 

私なりに心をこめて書いたセミナーでしたが、お役立ていただき感謝しております。

こちらこそ、誠にありがとうございました。

 


 

今回、ご感想をお寄せいただいたメールセミナーはこちらです。

「反抗期の対応法 ~中学生の子を持つ親の心得~」

 

The following two tabs change content below.

楠木塾長

かれこれ20年以上の指導経験と、1万組以上の相談対応件数を持つに至る、プロも相談するプロ。小中学生から高校生、大学生、社会人まで幅広く指導を行うが、このサイトでは中学生指導に専門を絞って独自の情報発信を続けている。また、反抗期・思春期の子育てや教育に関しても専門性が高く、保護者や指導者への助言指導なども行っている。

おすすめコンテンツ

楠木塾 メール会員
楠木塾 メール会員